走る♪作品

2010年3月 1日 (月)

猫ちゃん、おめでとう!

「猫ひろし、東京マラソン、サブ3達成」のニュース、twitterでホリエモンもつぶやいていたくらいです。

すごい。

猫ちゃんとは、昨年いろんなユニークな大会にでました。どんな大会にでても、睡眠時間1時間でも、手抜きをせずにきちんと走るねこちゃん。

人間塩出し昆布マラソンなんて、速く走る大会ではなく、レース前後でいかにやせたかを競う大会なのに、根っからのランナーなんですよね、速く走って、2位になってました。速さで勝負するわけではないので、もちろん記録されないけれど・・・。

猫ちゃんは、前日も、EXPOでサイン会をやり、100人にサインして記念撮影もしました。そのほか日本テレビの取材もあったり、すごく大変だったはずです。

しかも、悪天候・・・。

それで、サブ3です。すごく感動しました。

一緒にがんばって、本をだしたときよりも、今回のサブ3のほうが感動しています。

そして、その本ですが・・・

猫まっしぐラン!! おもしろマラソンガイドブック Book 猫まっしぐラン!! おもしろマラソンガイドブック

著者:猫ひろし
販売元:エフエム東京
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマゾンのランキングも、1日でだいぶあがってました!!うれしい♪

ぜひ、みなさん、猫ちゃんサブ3ご祝儀に、買ってくださいませ。

よろしくおねがいします。

ランキングに参加しております。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ 応援クリックよろしくお願いしますclover

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月25日 (金)

猫まっしぐラン!

芸能界きっての健脚、猫ひろしさんが国内のおもしろマラソンをナビゲート

「猫まっしぐラン!おもしろマラソンガイドブック」が来年1月25日TOKYOFM出版から発売されます。

スポーツ本とはおもえない、さわやかさゼロの表紙(笑)

Photo

弊社で取材・編集・撮影を手がけました。初稿がおわり、来年あたまに校了で、25日発売です。

帯には、旭化成の宗監督のコメントもいただきました。

わたしにとっての今年の漢字は「変」って書きましたが、この本の取材のためまさに変な大会に出会うことができました。

会場がユニークな大会、仮装が楽しい大会、超どMマラソンなどなど

わたしたちの撮影に快く協力してくださった市民ランナーの方々、また大会運営スタッフの方々にもやさしくしてもらいました。富里ではスイカもらったり、さくらんぼマラソンでも優しくされ、安中では宿の方がすごく親切でクルマでの送り迎えもしてくれて、無事はしれました。

うれしかったなぁ。春から夏にかけて毎週のように、猫さんと取材にいったけど、本当芸能人なのに全く気をつかわずにすんでありがたかったです。(気をつかえよ!って?)

今年1年は、この本の制作ができたことで、新しい一歩が踏み出せて、本当に良かったです。内容も、自分がほしかった本をカタチにしたので、ランナーなら必ずや満足いただけると思います。

現在アマゾンで予約受付中です。奥深きマラソンの世界をこの本で感じ取っていただき、新たな楽しみ方を増やしていただければ幸いです。

きょう、久々に猫ちゃんにあいました。来年OAの収録をしたのですが、マラソン大会についてあつーく、おもろく、語っていただきました。

今、足を故障中のようで、早くよくなるといいのになぁ。

でも、久々に、ハイテンションの「にゃ~!!」がきけて、いいクリスマスプレゼントでした。

そして、きょうから配信スタートしたSTEPのメルマガ「これが私の走る道!」もよろしくおねがいします。このメルマガは、タイムリーな話題はもちろん、STEPの記事(文章だけですが・・・)を一部そのまま配信しようと思ってます。

STEPを読めない地域の方、またなかなか手にとることができないって方にむけてのサービスです。そして、人目をきにせず、書きたいこと、またラジオやSTEPの裏話などもかきたいと思ってます。

配信希望は、こちらから申し込んでくださいね。

では、まだまだ年末忙しいですが、身体をこわさないように、お互いがんばりませう。

↓ランキングに参加中です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ 応援クリックよろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

走れば人生見えてくる!

【本日のオススメサイト】

横浜国際女子マラソンにでる、嶋原清子さん(セカンドウィンド)の記事です。

人気ブログランキングへ  ←人気ブログランキング

======================

わたしのつまらない人生を、巧みな文章で、光らせてくれた1冊!「走れば人生見えてくる」が発売されました。

著者は、FRaUなどのランニング特集でもおなじみの間庭さん。自身もランナーで、国際レース出場経験&スパルタスロン完走者という、ランナーとしても輝かしいし、実際、本当に素敵な人なんです。

走れば人生見えてくる (講談社文庫) Book 走れば人生見えてくる (講談社文庫)

著者:間庭 典子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

包容力と気さくさを兼ね備えつつ、品もある・・・。

そんな間庭さんが手がけたこの本は、走って人生が変わった14人のルポ。いろんな方の人生が赤裸々に語られていて、ランニングのパワーを感じられる1冊です。

また間庭さん自身が走ってる理由、走ってきたことなども書かれているのだけれど、ランニングの息遣いを感じます。

わたし自身は、なんか新鮮な気持ちになりました。一般人の中に、ちらほらと有名な方も入ってますが、そこで、金さんのルポがありました。

読んでびっくり。金さんが、癌だったそうです、衝撃でした・・・。

頭の回転がはやくて笑顔が素敵で、オーラがあって、いつもお見かけするだけでも元気になる金さんに、そんなことがあったとは。。。しかも意外と最近で、びっくりです。

いろんなエピソードのつまったこの本を読んでたら、最近忙殺され愚痴っぽくなってる自分を反省したくなりました。

また、悲しいこと、つらいこと、不安になること。(わたしの場合はちっぽけですが・・・)

いっぱいあるけれど、走ることは逃げ場にもなったり、励ましにもなったり、癒しにもなったりするんだなって、この本をよんで実感しました。

そうだなー、やっぱり、はしらなきゃ。

わたしは、いつまで脳内ランナーでいるんだ!?

ちょっとでもいいから、走って、一歩一歩すすまなきゃ。ランニングも人生も!そんな気分になれた本でした。

↓ ブログランキングに参加中です。クリックよろしくお願いしますup

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

中野ジェームス修一さんが語りかけてくる・・・

【本日のオススメです♪】

STEP絶賛配布中ですが、club WGHに無料で会員登録すると、次号以降無料でSTEPが送られてきますよ♪

=======================

Photo 最近、わたしのかばんに入ってる本は、こちら!

中野ジェームス修一さんの「ランニングの作法」です。

お仕事柄そこそこ知識はある私なので、知ってることも多くかかれてますが、この本はきっちり理論立てて説明されていて、発見が多くびっくりしました。

初心者ランナーの方はもちろん、中級者、上級者の方にもよんでほしい1冊です。

例えば、朝ランはカラダが動きにくいですよね、それは経験としても知識としても知ってるけれど、

朝は体温が低く、筋肉が冷えているので、準備運動やウォーキングをして温めてから、走りましょうとかってあると。説得力が違うし、知識が増えるので楽しい。

中野さんは有名トレーナーであって、わたしなどが指導をうけれるような人ではないけれど、この本を読んでたら、すごく理論的で説得力のある指導をしてくださるんだなーというのを感じました。

また足の親指と小指に、バンドエイドの要領でテーピングをすると、しっかりと足の指を使えるそうです。ウォーキングの指導などにもよばれることがあるそうですが、そちらで、テーピングをしたところ、多くの生徒さんがしっかりした歩き方になったとのことで、わたしも、これ、さっそく取り入れようと思ってます。

ほかにも、外反母趾の話も紹介したかったけど、それは、また次回!

・・・・さすがトレーナーの中野さんだけあって、走る楽しさはもちろんだけど、読んでるだけで故障しにくいランナーになれそうな気がする。

しかも知的好奇心を満たしてくれる文章&内容なので、上級者ランナーにもおすすめです。

なんか中野さんがしゃべりかけてきてくれるような本で、わたしの場合、このしゃべりかけてもらってる感覚がする本っていうのは、間違いなく、おすすめの本なのです。

↓ ブログランキングに参加中です。いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←クリックお願いしますhappy01note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

映画「風が強く吹いている」を見てきました

マスコミ試写会にご招待いただき、映画「風が強く吹いている」を先日見てきました。

ランナーのバイブルといってもいい、三浦しをんさん原作の箱根駅伝がテーマのこの作品、どんな映画になるかとってもドキドキしながら試写室に入りました。

思い入れの強い原作の映画をみると、期待通りではなく、がっかり・・・。そんな経験がこれまで何度もあった。

また、そうだったらどうしよう。

箱根をめざし、本番を迎える、あの物語のスケールを考えても、2時間ちょっとの映画におさめるなんて、無理ではないか?

走ってるシーンは、ちゃんと再現されるのか??

実際の箱根の映像も使われるらしいけど、大丈夫、そこだけ浮いたり、編集だってばればれて、見ていて興ざめしない??

・・・・などなど、いろんなことを考えましたが、そんな心配いらなかったです!!

2時間ちょっとの映画でおさめるために、物語も無理のないようにアレンジされてたり、脚本がうまい!

そして箱根の映像に関しては、編集もうまい!!違和感ゼロでした。迫力のあるいいシーンになってて、箱根駅伝への敬意も感じられます。

それから、主演の清瀬灰二役の小出恵介君、記者会見で見て以来、素敵だといってるけど、今回新たな魅力を発見しました。

ハイジの心の声というか、ナレーションがあるんだけど、いい声してるんです!!

すごく声がいい!!

今度、一緒にラジオのお仕事したい・・・。

昨日も書いたけど、あの声で、「いち、に、さん、よん・・・」って数えられたら、腹筋でも背筋でも、スクワットでも何度でもがんばれます。

わたし原作をよんだときは、ハイジより、かけるの方がすきでした。孤高の天才ランナーという感じが好みだったのですが、映画をみて、ハイジのファンになりました。

小出君いいです。

映画関係の仕事をしていて、ラン仲間でもあるチカコと見にいったんだけど、見終わった後、なんだかとっても気持ちよくなれました。

すごく満足したな~。

途中、ぐっと胸がしめつけられそうになったり、くすくす笑ってしまったり、満足な時間を過ごすことができました。

映画は10月31日公開です。

↓↓  ランニングの人気ブログランキングに参加しています。sign03

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↓こちらも、ランナーブログがいっぱい

人気ブログランキングへ

~いつも応援クリックありがとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年7月16日 (木)

風強爽男たちのランニング効果とは?

わたしの机には、昨日の会見でもらったパンフがどーんとひらきっぱなし。

Photo

おかげで、作業スペースが狭い・・・!!(^-^;

きょうも映画「風が強く吹いている」の話です。今月末の試写会にって内容は確認してきますが、こんなにわくわく、ときめいた会見は久しぶり・・・。

前にも、ここに書いたけど、ずっとマスコミ業界で働いてきたので有名人は見慣れている。映画の会見でいえば、トムクルーズだって、ジョニーデップだって、ペネロペだって、アンジェリーナジョリーだってあったんだもの。ちょっとしたハリウッド自慢ですsweat01

業界にいれば、そんなに芸能人にあっても、きゃーきゃー思わなくなるのです。

そんな私があまりあったことがないジャンルが、スポーツ選手。

なので、スポーツ選手には、かなりテンション高くなります。しかも大好きなランニングに関しては、乙女のように目をキラキラさせてしまいます。

ちょっと前、Qちゃんにあったときの、ドキドキがマックスでした。

で、きのうは、役者さんたちを見てるはずなので、そんなにドキドキしないはずなんだけど、役者さんのジャージ姿、ランパンランシャツ姿に、わたしの脳が勝手に、陸上名門チームと思い込んでしまっているようで、すごくドキドキしてるんです。

(東洋大の柏原君にあっちゃった気分?)

しかも、陸上選手なのに、顔は芸能人。キラキラしている小出恵介君、林遣都君たちをみながら、何度も「か、かわいい・・・(゚▽゚*)」とつぶやいてしまいました。

「ただの若い男が好きなおばさん」になっておりました。

↑ もともと(^-^;?

でも、それだけの説得力がある、陸上選手のような体つきなんです。いかにも、速そうなカモシカ足なんです。それだけ走りこんだってことなんですが、この映画でカラダがどうかわったか?各選手じゃなくって、各役者さん、こう答えておりましたよ。

小出恵介 「4キロ体重がおちた。太い筋肉じゃなくて、細い筋肉ができた」

林遣都「誰よりも細い僕、そんな僕にかろうじてできた腕の筋肉をみてください」

中村優一「体調がよくなった」

川村陽介「まったく走れなかったのに、5キロとか走れるようになった」

斉藤慶太「細くなった。距離を短く感じるようになった」

斉藤祥太「ふくらはぎに筋肉がついた」

ダンテ・カーヴァー「2-3キロ軽くなった」

橋本淳「みんな、カモシカの足。毛がなければ女性よりきれいかも」 

    ↑この発言をきいて、足チェックさせていただきました!

森 廉「歩くのが好きになった」

内野謙太「ガニ股がなおった。」

ちなみに大森監督も10キロくらい走れるようになったといってました。スタッフも走れるみたいですよー。あー、寛政大学の陸上部のシャツがほしい!

★ちなみに、タイトルの風強爽男とは、かれらのこと。映画のパンフにも、この文字がかかれているし、記者会見のときに小出君が「どうも、かぜつよそーめんです」と言ってました。

なんのこっちゃ?と思ったけど、あとでパンフみてわかったような、わからんような・・・。

↓↓  ランニングの人気ブログランキングに参加しています。sign03

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑ いつも、応援クリックありがとうございます (*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 3日 (火)

そして僕らは風になる

マガジンハウスからでた、田中渉さんの著書「そして僕らは風になる」を読みました。

Photo

ジャンルは小説なんだけど、ユニークな構成になっています。主人公は、病弱な男の子と、サンタのコスプレをしたサラリーマン。

で、二人は、ランニングを通して、心を通わせ、成長していくんだけど、そこでキーとなるのが、有名ランナーたちの格言なんです。

歴代有名ランナーの語録が、章ごとに登場し、章のおわりで、その言葉の発言者のプロフィール、印象的なエピソードなどがメモとして書かれているんです。

たとえば、帯の有森さんの格言もそうだし・・・。

「天才は有限、努力は無限」・・・これ、誰の言葉かわかりますか?

瀬古利彦氏を育てた、中村清監督の言葉です。これは、物語の最初の方にでてくるんだけど、この言葉を好きなランナーって多いですよね。

昨年大晦日に、箱根駅伝の特番をラジオでやったんだけど、そこで、現役箱根戦士たちに座右の銘をアンケートできいたんです。

そこで、一番多かったのが、この言葉でした。箱根の現役選手が生まれる前、1985年になくなられた中村監督。でも、言葉と功績はずっと残っているんですね・・・。すごい。

ほかには、「マラソンは心で走れ」(By瀬古利彦氏)

希望とは一筋の光さえあれば、もてるものなんだ」(By君原健二氏)

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く」(By高橋尚子さん)

・・・他、小出監督、フランクショーターなど、いろんな言葉が物語りに絡んできます。またその人物のエピソード紹介も面白いんだけど、

中村清監督は、土のついた草を手にもって、

「これを食ったら、世界一になれるといわれたら、わたしはコレを食べる」といって、選手の前で草を食べた逸話もあるそうです。

まあ、わたしも草を食べて世界一になれるんなら、食べるけど・・・capricornus

みなさんは、草bud、食べますか? ・・・って、この〆おかしいよね。

みなさんの好きな名言は何ですか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

↑ランニングのブログランキングに参加しています。

 いつも応援クリックありがとうございますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

走る男、ゴール!

森脇健児さんの「走る男」ご存知でしょうか。

日本縦断ジョギングの旅。DVDも出ていて、わたしはDVDを拝見したのですが、これがけっこう面白い。こつこつ走り、ごはんを食べて、ビールを飲む。地元の人にふれあったり、途中伴走者があらわれたり、わたしもあんな旅をしてみたいなーと思ったもの。

走らない人がみても楽しめる番組、「走る男」。

わたしがDVDで見たのは、本当に最初の方で、北海道から本州へ入ってきた様子がでてました。

(その後、カンペイさんのアースマラソンのことがあったりして、そちらに気持ちがいっていて、ちょっと忘れてました・・・coldsweats01

気が遠くなるような長い旅だなーって勝手に思ってたんだけど、さっきふと思い出して、

チェックしてみたら、なんと偶然!

その「走る男」、本日沖縄にゴールしてました。

すごい!

日本を縦断してしまったんです。

大会にでるのもいいけど、こんな封にジョギングで「旅」をしてみたいなぁーと思いました。

わたしの足じゃあ、あまり移動ができなさそうだけど・・・。

手始めに、今度、お友達の家でも走りにいってみようかなー。

でも、日本縦断ってすごいなぁ。走れちゃうもんなんですね・・・。

走る男の旅の模様は、ウェブサイトでもチェックできます→こちら

shineランニングのブログランキングに参加中です。クリックありがとうございます。

 おかげで、上位でがんばってますnote

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

風が強く吹いている やっと読みました。

三浦しをんさんの「風が強く吹いている」を昨日、やっと読み終えました。Photo

寄せ集めでできた弱小駅伝部が箱根駅伝を目指す物語だが、本当によく取材されている。箱根選手たちが必ず出場するといわれる、上尾ハーフマラソンが出てきたり、箱根のコースの詳細、また走りに対する描写にスピード感があるんです。

今度大晦日に放送される、箱根のラジオ番組を担当していて、今、箱根駅伝についていろいろと思っている時期だったので、特に楽しく読めました。

お正月は箱根駅伝をみてると、いつも胸が熱くなり、手にも力が入り、きづくと、涙がぽろぽろこぼれているんだけど、その時と同じテンションのまま、小説も読めてしまいました。

この弱小陸上部、メンバーは、たったの10人。1人でもかけたら箱根には出場できない状態。本当にはやい選手はたったの二人で、あとは、まったくの素人!

でも、主人公のハイジが、「どうしても出るんだ」とみなを説得し、どんどん走る世界へと彼らをひきこんでいきます。

最初は、わたしも、ありえない話だなぁと思いながらも、文章力にみせられてよんでいるうちに、気付けば、他の陸上部員たちのようにハイジに説得されてました・・・。

また「走」(←これも登場人物の名前)の天才的な走りに心を奪われました。見てないのに、見たような錯覚になってます。放たれた矢のごとく、まっすぐに、しなやかに走っていく姿・・・。あんな風に走れたら楽しいだろうなぁ。

ランニングハイはみなさんご存知だと思いますが、ゾーンって知ってます?アスリートが極度な集中状態に入ることで、時間間隔が遮断されてしまい、スローモーションに入ってしまうこと。最近心理学でもいわれてるらしいんですが、このゾーン状態になれるような走りを走はしちゃうんです。(名前が走だから、まぎらわしい!!)

映画には、小出恵介君林遣都君がでるらしいんだけど、たぶん、小出君が、ハイジの気がする。

林遣都くんは、長距離選手が似合いそうな顔&体型なので、速い「走」の役だと思うんだけど、どうなんでしょう。キャスティングで、えっ??って思う作品は多々あるけれど、このキャスティングは個人的にはいいと思いました。

ランニング指導もしっかりついて、原作ファンをがっかりさせない映画をつくりあげてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

風が強く吹いているが・・・。

三浦しをんさんの「風が強く吹いている」が、映画化されるらしいです。

仲良しの映画業界関係者から、その話をききました。

制作発表はまだみたいなのに、勝手にこんなこと書いていいのか?と思ったのですが、調べてみたら、ロケ地の諏訪市観光協会でエキストラの募集をしているではありませんか・・・。 (下記。コピペ)

映画エキストラ大募集

18~25歳までの男性 エキストラ求む!!

映画『風が強く吹いている』のロケが霧ヶ峰・白樺湖・女神湖周辺で行われることが決まりました!
以下の日程で,男性のエキストラを大募集!
参加にあたり、エキストラ登録をして頂いております。参加希望の方は下記のエキストラ登録用紙に記入をお願い致します。

〔撮影日〕
2008年8月22日(金) ~29日(金)の間、1日でも参加可能な方

〔撮影場所〕
霧ヶ峰・白樺湖・女神湖 周辺

〔募集〕
陸上長距離選手・陸上部経験者で18~25歳までの男性(茶髪NG)
もしくは、陸上経験者でなくても18~25歳までの男性であればOK!

〔募集人数〕
50名程度


・・・って日程をみる限り、もうロケは行われているってことですよね。

三浦しをんさんの直木賞受賞作品でもあり、箱根駅伝が題材になっています。まだ、原作読んでないので、近いうちに読もうと思います。コミックにもなったし、舞台化されたりもしているようですね♪

どなたか読んだ方いますか??ぜひ、感想を教えてください。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧