« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

ドイツのマラソン雑誌の表紙に・・・

昨年初夏に出場したモンゴルウランバートル国際マラソン

お世話になった事務局の方からメールが届きました。

「ドイツのマラソン雑誌の表紙が、なんと白滝さんです」とのこと。

はっ???

意味がわからない・・・。

みんなで走ってるところが、たまたま表紙にのったのかなー?とおもって

添付のPDFを開いて、びっくり。

Photo

うわっ!

たしかに・・・、表紙だcoldsweats02 

中ページには一緒に出場した猫ひろしさんなどものっているんだけど、いやーびっくり。  

事務所でみんなで大爆笑しました。昨年夏、ドイツで発売されたらしい。

そういえば、走っているとき、白人のカメラマンにシャッターむけられて、にこにこ応えていた記憶がある。でも、まさか、こんな使われ方をするとは誰がおもうものですか・・・。

おもしろすぎる。

合成で表紙つくって遊ぶサイトみたいですよね。

海外マラソンに参加のあなた、もしかすると知らない国でカバーデビューしているかもしれません。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

アイシングは最低10分だって・・・

きのう、贅沢に朝からパーソナルレッスンをうけてきました。1月はじめからお願いしていたものの、年末年始は風邪をなおすのと、はりきって急に走ったら足が痛くなったりとで、それがのびにのびて、きのう。

大変面白かったです。

わたしが足を痛めていて、たくさん走れないので、清麻呂公園、半蔵門、桜田門などところどころでとまり、筋トレやドリルなどもしながらサーキットトレーニングのようになりました。

三宅坂の下りでは足への負担が大きいので、「歩き」ました。ちょっとでも足に違和感がでると走るのをやめて、少しずつ鍛えていくという感じ。

また北の丸公園内の階段練習できそうなスポットを教えてもらったり、とても有意義でした。

ストレッチにしても、補強運動にしても、バリエーションが多くて楽しかったです。

ただ、わたしの足さん、あんなに気をつけていただいたのに、午後から痛みがでて、ときどき歩くのも困難なことがあり、タクシーにのる始末。

夜、家に帰ってからはアイシングです。

これもコーチに教わったことだけど、寒い、冷たいのをとおりこして、痛いと感じても、我慢して10分はやりましょう・・・とのことでした。

2-3分では表面だけ冷たくなって、肝心の患部に届かないとのこと。

きょうは、移動でいっぱい歩いたら、また痛くなるし。

走ることを封印して、本格的な足作りと、水泳やヨガなどを取り入れようかと思い始めました。東京マラソン、あきらめるのは、とっても悔しい。明日奇跡でもおきて、足が元気にならないだろーか。まあ、でも悔しすぎるから、この故障も前向きにとらえますよ!

いつか、完璧な足をつくってやるぅ~、~、~。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

フロストバイトロードレース

日曜のフロストバイトロードレース当日は、フロストバイト=霜焼け 凍傷 ?
という名前にぴったりの強烈に寒い朝でした。

ヒートテック、セーターうすいの、セーターあついの、ヒザしたまでのダウン。
これにカイロ。とかなりの重装備でいきました。

実は、土曜日、足の調子がよくなったので、ETRCの練習会にでてみたら、たった3キロで足が痛くなってしまいましたので、フロストバイトは、応援だけにいきました。

走らないと本当に寒い。今回は昨年秋に入ったばかりのあやちゃんの初レースでもあります。みんなで応援です。

駅についたら、ホームから落ちそうな人数。
Photo

改札に入るのに時間がかかります。

ベルトコンベアーのような人の流れに身をまかせ、歩くこと約15分、無事に基地に到着。
Photo_2
入り口で、手荷物検査。身分証明の確認
金属探知機による、ボディチェックもあります。

まるで空港のよう。ゼッケンもらったり、トレーナーもらって準備していると、陽気な音楽がながれだしました。
準備運動がわりのエアロビタイム。
Photo_3

そして、11時、ハーフマラソンの部スタート!途中大原理絵ちゃんにもあいましたが、走っ
てるところは見つけられず。応援できなかった~~。

みんなを見送ると、ひま。
応援にきていたアヤちゃんのお友達たちと、一緒にハンバーガーたべたり、トン汁たべたり、だらっと歩いたりしていました。
基地のおくのほうのコースは、ランナーしかいけないようになっているのです。
することない・・・。
念願のハンバーガー、妄想しすぎて、期待しすぎてしまったけど、ふつうに美味しいです。
Photo_4

寒い中、まってると、三谷君とあやちゃんが帰ってきました!

やはり、応援だけとはちがって、なんか充実感を感じます。
Photo_5

因みに、今年のトレーナーはこれ。
サイズによって色はちがいます。 これは、SとM。

Photo_6
わたしは、今までSでも大きすぎたから、youthのLにしてもらいましたけど、緑でした。
青の方もいたな。

そして、完走後に配られたバナナと、パン。
Photo_7
写真はコーラになってるけど、アミノバリューです。
コーラは、ハンバーガー買う時に買っただけ・・・。日本で販売してるのと缶のデザインがちょっと違いますね。

すごく寒くて、結局コーラのめなかった。

寒い日は応援も気合が必要です。参加されたみなさまおつかれさまでした★

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

パワーテープをおためし中

右足が治って、やったーとおもいはしったら、左足をいためたっていうわけで、また整体にいきました。

わたし最近歯の治療をしているのですが、それが左側。

うまくものがかめなかったり、バランスが崩れているようで、それが原因とのことでした。

かみ合わせで、ランニングフォームがかわっちゃう人もいるくらい。歯って大事なようです。

あと、ちょうけいを痛めやすいので、足のパわーバランスをみてもらったら、やはり足の内側への力が全く入らない。両足とも。

骨盤を整えてもらうと、力が入るようになりました。

そして、足の内側に力をいれるには、胸がしっかりひらいていることも大事。

ためしに、胸をしっかり開いて、たつと、内股に力がはいります。

逆に猫背というか、肩を前にだし、胸をとじるようにすると、内股の力がぬけます。

そんなわけで、しっかり胸が開くように、今、鎖骨部分にファイテンのパワーテープをはってもらいました。これが、けっこうきくので、楽しくなってしまい、ビクトリアで買ってかえりました。

Img_68072

あやちゃんと、三谷君にもあげて、今、いろんなところに、ぺたぺたとはっています。みんなPC作業で腕が疲れているので、腕にはったところ、好評!

元気になってきたので、フロストバイトためしに走ってみようかと思います。

あと、フロストバイトでは、こちらはチタンではないけど、グラファイトバンドを足につけ走ろうとおもう。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

運動神経わりーわたしにとって、ランはアートなのか

はしってません!右足がなおって嬉しくてはしったら、左足を故障したあほなわたしです。

もう4日くらいたつ。

今週末のフロストバイトはやめようかとおもってます。会場には行きますけどね。

そんなわたしが、東京マラソン・・・はしれるかなぁ。

ただ、足の回復を冷静にみるのみ。

・・・って、暗い話題はおいておいておきましょう。

先日ある方からきいたお話、アーティストの日比野克彦さんがいっていたそうなんですが、人ってアンバランスででこぼこがある。そのへこんだ部分、たりない部分を埋めようと人はするわけです。そして気づいたら埋めすぎて、こんもりと、もりあがってしまった部分、それがアートなんじゃないかな。ってお話をしていたとか。

コンプレックス、苦手意識、欠点、そういった負の意識が強ければ強いほど、アートはうまれるのかもしれない。

なんかわかるなーと思い、それを自分におきかえてみた。

わたしって運動神経悪い、あんど、虚弱体質がコンプレックスだった。で、30すぎてランニングを「ひとりSM」なかんじで、むりやりはじめたら、それがどんぴしゃ。

わけのわからないはまりかたをして、ランニングのフリーペーパーもだしてしまった。

このダメすぎな部分を、補おうとして、きづいたら人生かわってしまったわたし、必死に穴をうめて、きづけば、こんもりしているのが、ランニングだった。

だから、苦手なこと、欠点、できないことがあったって、そんなに嘆かなくていいのかも。

それが個性となって、違うひらめき方をするのかもしれないから。

わたしは、今だって、走るの好きか?ってきかれたら、わからない。

「走る」のは嫌いってこたえるかも。いたい、さむい、くるしい。嫌いとこたえる理由のほうが多いもん

でも走り終わった後が好き。たまらなく好き。

走り終えた自分もすき。

お皿磨きは嫌いだけど、ぴかぴかのお皿は好き。

ダイエットは嫌いだけど、やせた自分は好き。

・・・・っていう例も、うーん、ぴんとこないが、とりあえず走ることで、上質な私に出会える。

少しいい奴になってるわたしにあえる。それが一番のごほうびなのかもしれない。あとそぎおとされるんだよね

こういう意味から考えると、ランニングってアート?

それとも、心とからだのダンシャリ。  

あー、話がまとまらないですね、ビール飲んでるからか。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

ランナーもおにぎり2個いっちゃう!?

サッカーのアジアカップ開催中ですが、ザックジャパン、今大会からロッカールームで、試合後特大おにぎり2個を選手たちにたべさせるよう義務づけた・・・とニュースにのってましたね。

twitterで、管理栄養士の関根豊子先生に「フルマラソン後も食べたほうがいいのかなぁ??」とRTしたところ、正解でした。

またダイエット目的でなく、速くなりたい人は、練習のときも食べるほうがよいとのことでした。たんぱく質はよくききますが、炭水化物もちゃんととったほうがいいんですね。

ザックジャパンの記事では、これで連戦の疲労がかわってくるとのこと。

そして、ランナーの食べ物といえば、「ばなな」

東京マラソン専用バナナというのがフィリピンで育てられているんですね。そして東京へ輸入後、事前アンケートできいたランナーがききたい曲というのを、バナナにきかせながら熟成させるんだそうです★

ちなみに、その曲は、ロッキー?とおもったら、ZARDの「負けないで」でしたww

これもtwitterで教えてもらいました。

ちなみにわたし、@stepeditor のアカウントです。宜しくお願いします。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月 9日 (日)

骨格ランニングセミナー

きょうは朝から、池袋のセミナーにいってきました。

座学を中心とした整体セミナーで、主催は整体院「はつらつ」。

平野先生がテーマごとに、ランナーの身体づくりをアドバイスしてくれる。

今回はじめて、参加したけれど、きょうのテーマは「腰痛にならないための走り方」と「腰高フォーム」についてなど。

以下、備忘録をかねたメモです。ぜひ参考に・・・。

走ると腰が痛くなる理由は・・・

①ハムストリングが固い→ハムストリングが固い人は、お尻をつかって走れてない方が多い。しっかりお尻を使えるようにするのが大事。

②丹田に力がはいらない。腹圧の不足→便秘、下痢など胃腸にトラブルを持つ方、また手術でおなかを切ったことのある方に多い。複式呼吸をすることで丹田力はアップ。またおなかをあたためるのもよい。お酒は下痢の原因になりやすい。

③肩こり、クビのこり。→うでふりが甘くなる。こういう状態でスピードをあげて走ると、腰痛はでやすい。PCのモニターの位置を正面にするなど、左右バランスのとれた生活をこころがけることが大事。

④肝臓の疲れ→走行距離の多い人など、注意。肝臓は胃の右側にあるが、肝臓が疲れると左右さがうまれやすい。肝臓のあたりにカイロをはると効果的。

また冬の毒が、春にでやすい。春のマラソンなどに挑戦される方は、肝臓をいたわりましょう。

⑤ノド、鼻の機能不全→風邪をひくと、あごが出たぐにゃぐにゃした走りになりやすい。腰に負担がかかった走り方に。

などなど。

そして、きちんとしたフォームで走るために、先生がすすめるのが「ぴたてくあるき」

走るために使うべき筋肉を、手でさわりながら①-2分歩きます。そうすることで、正しい筋肉に刺激がはいり、フォーム改善につながるというもの。

骨格ではなく、筋肉へのアプローチ!ですね。

今回、いくつか教えてもらいやってみました。まず、お尻の筋肉をつかえるようにするために、大殿筋を触りながら歩くと、、足が真下にしっかり降りる感じになります。

つづいて、お尻のちょこっと横側、中殿筋をさわりながら走ると、腰高フォームに。

そして、腸腰筋をさわりながら歩くと、ヒザがあがりやすくなるんです。結果、ピッチの回転数がアップします。

脳から筋肉へちゃんと指令がいくことをウォーキングで確認して、それから走ると、たしかに走りによさそう。

前、他のコーチからも、走る前は、お尻の筋肉をさわったり、腹筋、丹田をさわって筋肉を意識するといいよって、いわれたことを思い出しました。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

整体で解決した、足裏の痛み

今年は、夏からずっと走ると足の裏が痛かった。

近所の整骨院に通ったり、またちょっとランナーむけのマッサージ、お灸など、いろんなことをやってみた。でも走るとやはり痛みがでてしまう。

ネットで調べても、先生にみてもらっても、「足底筋膜炎」の診断。

たしかに、そっくりなのです。いたくなる場所とか・・・。

ただ、問題は、わたし、足底が痛くなるほど、まったく走れてない。だから筋膜炎になるわけがないのです。なのに症状はそっくりだし。

ずっと、もやもやしたまま、すごしてきました。

で、先日、久々に、池袋の整体院「はつらつ」に行ってきました。最初からここにいけばよかったんだけど、忙しいとついつい近場ですましてしまいます。

そこで、やっと、解決。ねじれからくる「神経痛」の一種とのこと。

わたしは、ヒザが内側に入ってしまっていて、足のつま先が外側にむいている、そんな風に足が変形しちゃってるんです。で、このつま先が外を向いてるのが気に入らなく、それを直すため、わざと足首を内側にまげて走るようにしていたら、その無理がたたったらしい。

足首の位置が変で、足先にまったく力がはいってないんです。

足首のねじれ、また腰椎のねじれ、骨盤のずれ、クビの張りなどをとってもらって、正しい身体にしてもらいました。

そのとき、風邪の引きはじめだったんですが、なんと平野先生、風邪ひいてるでしょ・・・ってずばり当てました。筋肉がゆるゆるなのと、リンパがはれていて、これじゃあ呼吸も苦しいし、身体に力がはいらないはずとのこと。

その後、やはり熱をだすほどの風邪をひきました。

で、先日風邪もなおり、久々に走ったら、足の運びがぜんぜん違う。痛みはもちろんでなかったんですが、足が前へ前へと進むのです。普通の人って、こんな風に走れてるんだー。ってわかりました。これが普通なんだよね。

まったく走ってなくて、年末も、キロ7分で5キロ走るとヘビーって状態だったのですが、キロ6分では走れるようになっていて、10キロ走れました。

ハーフマラソン完走もあやうい状態だったのに、一気に回復。
足の原因がわかって、しかも回復しているので、後はこのなまけきったからだを鍛えなくては・・・。

あすは、このはつらつさん主催の「骨格ランニングスキルアップセミナー」というのにでかけてきます。

すっかり、整体にきょうみをもってしまったわたし。

これを極めれば、わたしも、ちゃんとしたランナーになれそうな気がしてきた。

↓ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

↑ ランニングの人気ブログが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »