« お水の力、言葉の力 | トップページ | 清水湯から走ろう! »

2009年5月16日 (土)

ウルトラマラソンブームになるか?

走る前は、フルマラソン走っちゃうだけで鉄人におもえたけど、そして、フルマラソンより長い距離を走る種目があるなんて全く知らなかったけど、ウルトラマラソン、今後広まるような気がしてます。なぜなら・・・

★今月7日に、日本で初めてのウルトラマラソン関連の協会一般社団法人日本ウルトラランナーズ協会(略称JUAが設立されたそうです。
あの坂本雄次さんらが理事に名前を連ねています。

フルマラソン以上の距離を走る大会をウルトラマラソンっていうそうですが、そんな大会が日本で50以上もあるそうです。(けっこう多いんですね・・・wobbly

★また、(きのうもちょこっと書いたけど・・・)昨年から今年にかけてクリールで連載していた、ウルトラチャレンジ企画「チームWGH」。今年も開催されるそうです。現在募集してますよ。←詳細はクリック♪

この春のかすみがうらマラソンで、このチームWGHの1期生の方々6名のうちの4名にあったのですが、みなさん、素晴らしい走りをしてました。しかも、性格もすてきで、なんか人としてのバランスがよい方ばかりでした。

で、走りは、4人中メダル3つです。すごくないですか・・・?表彰台とかのってるんですよ。ふつうに!

もともと才能のある方たちでしょうが、チームWGHに参加したことで、かなり磨きがかかったようですよ。

素晴らしいコーチやスタッフの方々、またサプリメントなどのサポートをうけながら、楽しく、ウルトラを完走したい方は、チームWGHに応募されてみてはいかがでしょうか?

フルマラソン完走者で、ウルトラ未経験者が対象とのことです。

* * * * * * * * * * *

ちなみに、日本最長のウルトラマラソンは、「日本横断 川の道 フットレース」でしょうか。

距離は約520キロ

制限時間は、132時間。←5日と半日?(^-^; 感覚がわからない。

ゴールデンウィークに開催されるのですが、最高齢70歳の方が完走したそうです。

コースは、太平洋から日本海へ。荒川をどんどんのぼり、山へ入り、信濃川を今度は、くだっていくそうです。

  そんな2つの川の生涯を辿るってことで「川の道」って名前なんですね。

たぶん、一生出ることはないと思いますが、怖いもの見たさでボランティアならやってみたいなー。

ラン仲間の志村先生が、いつかきっとご出場されると思うので、その時、応援にいこー。

わたしは、来年あたり、四万十の60キロでたいと思います。

flair↓↓  ランナーブログのランキングに参加していますsign03

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村

 (*^-^)  ↑きょうは何位かな? 応援クリック宜しくお願いします。

|

« お水の力、言葉の力 | トップページ | 清水湯から走ろう! »

レース or イベント」カテゴリの記事

コメント

私も今年、ウルトラに初挑戦です。
6月の銀河ウルトラなので、その企画には間に合いそうもありませんが。
ウルトラがブームになるのが、なんとなくわかります。
このところのマラソンブームで、フルマラソンはいやでも混み混みレース。
本来、走ることの楽しさとかけ離れてきたように思います。
ウルトラで、まだであったことのない自分に出会うのが楽しみです。
四万十の60kmいいですね。四万十も人気のある大会だと聞きました。
お互いがんばりましょう。

投稿: とだひ | 2009年5月16日 (土) 05時10分

ウルトラマラソンの協会設立は意義も感じますが、半面、愛好者のマラニック的な大会をどうするか、完走目的だけで満足感があるウルトラが、競技志向を強める懸念もあります。また長距離のトレイルランも協会の対象になるのかなど、設立された協会が一方通行にならないようにすべきかと思います。ぎふ長良川走ろう会主催で、マラソン大会主催者の市民マラソンサミットが開催されたことがあり、そういうトータルで大会を論ずる場も必要でしょうね。

投稿: 山中鹿次 | 2009年5月16日 (土) 10時16分

ソムリエに先日みたてていただいた大会ですね~四万十川happy01
ゆっくりながく走る耐力つけてオレもいつかチャレンジしたいなぁ~

投稿: あきら | 2009年5月16日 (土) 10時26分

【とだひさん】企画は、宮古島遠足オンリーみたいで、費用もすべてもってくれるみたいです。
銀河でるんですかー、それは報告が楽しみです。

四万十は抽選みたいですよ。なので友人と申し込んで、自分だけとか、友人だけとか当選したら、やだなーとはなしてました。

【山中様】大会はいろいろと大変ですよね。運営者には頭がさがります

【あきらさん】いんちきソムリエなので、自分がでる大会と同じ大会を人にすすめています。はは・・・

投稿: 白滝 | 2009年5月16日 (土) 14時16分

先日、富士五湖(72km)出ましたが、すごく楽しかったですよ!距離が長い分、フルに比べて気負わずに、のんびり走れるのが良かったです。来年あたり、いかがですか、編集長?(笑)

投稿: ジェイ | 2009年5月17日 (日) 04時51分

5月24日に予定されている初企画の大阪ウルトラも2週間で定員をオーバーし、枠を増やしても2日たたないうちに埋まってしまいました。
締め切ってからも問合せが続いているようで、
ウルトラの人気に驚いているこの頃です。

投稿: まこと | 2009年5月18日 (月) 10時02分

【ジェイさん】来年、60キロだったら考えるかも・・・。でも、あまのじゃくなので、すすめられると、やなこった!って思っちゃうかもcatface

【まことさん】大阪、楽しみですねー。大変でしょうが、がんばってください。2週間で定員とはすごいですね。ウルトラ走る人がそんなにいる、この国って、どれだけ健康なの?っておもっちゃう。

投稿: 白滝(STEP) | 2009年5月18日 (月) 12時21分

遅くなりましたが、みなさまのコメントを読んでいて、自分も意見をしてみたくなったのでコメントします。

JUAはもともとあったIAU-Japanという組織を引き継ぐ形で法人化したもので、IAUが毎年開催している4つの世界大会への代表選考レースを組織化することがメインの役割となっていくのではないでしょうか。それはこれまでのIAU-Japanの活動を見ていればわかることです。ですから、元々趣旨の異なるマラニックとは関係のない話だと思います。ちなみに国内にはIAU公認の24時間走の大会は「神宮外苑」だけで、これも協会関係者有志による手作りに近い大会です。「あきるの24時間」は公認大会を前提に参加者を募集していましたが公認が間に合わず大会自体が中止になりました。

大阪は応募が殺到したように思われるかもしれませんが、100kmの定員は200人→250人となっただけです。他の大会に比べると圧倒的に定員が少ないんです。それと、あの大会はウルトラの常連さんたちには募集開始前に情報が口コミでかなり広まっていて、早期締め切りが確実視されていたため、応募開始と同時に皆が一斉に申し込んだという経緯があるのです。

それから、私が知っている日本最長は「本州縦断青森~下関1,521kmフットレース」(制限時間540時間)です。主催は「川の道」と同じスポーツエイドジャパンです。

投稿: どららの相方 | 2009年5月19日 (火) 16時53分

【どららの相方さん】さすが、いろいろとご存知ですねー。情報ありがとうございます。
本州縦断って、森脇さんの「走る男」の世界ですよね。
出る人いるんでしょうか・・・。すごいcoldsweats02

投稿: 白滝(STEP) | 2009年5月20日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430746/29633086

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマラソンブームになるか?:

« お水の力、言葉の力 | トップページ | 清水湯から走ろう! »