« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

ランニング用語

昔は「LSD」という言葉をきくだけで、「やばくない?」とドキドキしていた私。最近では、LSDもしっかり当たり前に使いこなせるようになりました。(←当たり前か・・・)

*LSDとは、ゆっくり長く走る練習のことです

で、最近使いこなしたいと思っているのが、「つなぎのJOG」と「ポイント練習」

その言葉を使おうと思ったら、その練習をしっかりこなすことがマストになってきます。で、つなぎのJOGとポイント練習ができるようになるってことは、相当走力に磨きがかかるってことですよね。

そのための教科書として、今読んでいるのが、この本!Photo_2あっとランナー代表の鈴木彰コーチの著書です。

神保町の三省堂でゲットしましたが、いろんなランニング本を立ち読みし、(すみません)、今のわたしの欲しい情報がのっていたのが、こちら。

で、これをよみながら、週間スケジュールを立てようと思ってます。

そうしたら、つなぎのjogとポイント練習って言葉がいっぱいでてきて、今、わたしの頭の中は、つなぎのjogとポイント練習でいっぱいで、きのう私は、20キロ走というポイント練習をしたので、明日は、つなぎのjogです。

あっ、使えた・・・!!

トレーニングは1週間単位でたてるのがよいそうです。しかも「準備期」から、「走りこみ期」、「調整」など6つのステージごとに区分けされています。

今のわたしは、かすみがうらが目標なので、そうすると、「走りこみ期?」に突入していないといけな気がする。

今、まだ走りこみ準備期くらいの練習しかしてないのになぁ。しかも、この本の走りこみとわたしの走りこみでは、量が全然、本の方が上。まあ目標がゆるいのかな?

なるべく近づけるように、でも無理してケガをしないように注意して、やってみよっと。

あと、なぜその練習が大切かという、わたしがもっとも知りたいことが丁寧に書かれていて、読んでいるだけで速く強いランナーになれそうでワクワクしてきた。

計画を立てるには、けっこういい本です。参考になります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

がんばりたい!!

お恥ずかしい話だけど、初フル以来、ちゃんと満足して走れていないのです。

初フルは、本当にがんばった・・・。5時間7分と遅いけど、でも、今でもあのレースのことを思い出すと、涙がでそうになる。

わたしにしては、とってもがんばった。だから感動したんだなぁweep

初フルの感動は二度と味わえないかもしれないけれど、でも、きょうふと走ってて思った。

感動の量 = 頑張り具合 なのだと。

今シーズンはかすみがうらしか、ちゃんとフルを走らないので、これを大事に走らなければ、また1年、先送りになってしまう。

なので、かすみがうらは、わたしなりに、がんばろうと決めた。

今、走るスケジュールをいろいろとたてていて、とりあえず、今週は、10キロ×2日

20キロ×1日。この3日の練習が最低ノルマになっている。

先日金哲彦さんにexermusicのイベントの後の懇親会で、

「週に、10、10、20・・・で、40キロ走ったら、4時間半きれますか?」って質問した。

金さんの返事は、

「練習内容によりますけど、ほぼ大丈夫でしょう。もっと速く走れます」とのこと。なので、とりあえず、今週は、それを目標に走ることにした。

そして、きょう仕事が終わるのが遅くて、走り始めたのは、夜9時。皇居もがらがらです。

わたしは、時計をなくしたままもっていないので、タイムはわからないのだけど、体感でいえば、最初の1周は、おそくても31分台。かなりリズムカルに走れました。

そして、2週目、一緒の走ったスタッフのMくんがフルを走って2日目なのに、「スピードアップしましょう」っていってきたので、ビルドアップになりました。

半蔵門から、竹橋までは、キロ6分はきってるペースで、1周目のときよりは、カラダもあたたまっていたので、さっくりと走れて、その坂から、お互い目で合図。そのとたん、M君の姿は見えなくなりました。わたしは、1人だったけど、とりあえず、追い込めるところ、がんばれるところまで、がんばろうと、ぜいはあ。いいながら、その後2キロを走りきりました。

夜遅いので人もそんなにいなかったけど、目の前にピンクの上着をきた人がいたので、その人を追い越し、あー、もうだめって思ったけど。

自分の足に、

「まだいける?」ってきいたら、足がくるくる動いた。

でも、心肺は、もう、しぬーって返事。

久々にがんばったら、カラダと対話ができました。

で、10キロ走ったわけだけど、すごい充実感。

金さんが、「内容による」っていってたけれど、きょうの内容はよかった気がする。

10キロのうち、5キロはウォーミングアップもかねて、またリズムをつかむために走って、体が慣れたところで、2週目からのビルドアップ。だんだんペースアップして、竹橋の坂からは、もう、「ぜいはあ」です。心肺の泣き声のように、ぜいはあ、はあはあ。っていうのをききながら走ってました。

で、走ってる時は、もう、嫌!って思うのだけど、走り終えて思ったのは、当たり前なんだけど、頑張った分だけ、超きもちいー!!

今年のスローガンは、ランナーとしての初心にかえるかな?

わたしは、自分で頑張った分だけかえってくるランニングの魅力にとりつかれて、虚弱体質運動神経ゼロの文科系女だったのに、35ではまってしまった。その1年はがんばってはしったけど、STEPだして、会社つくって、なれないことと不況と、自分のダメさに、死に物狂いで仕事して、どうにか1年半。

まだまだ先は見えないけれど、仲間も、応援してくれる人も、STEPを楽しみにしてくれる人もできて、また初心にかえりたくなりました。

すっきり 楽しく 美しく走る!っていうコンセプトだけど、すっきろ、楽しく走るのは、ファンランももちろん大事だけれど、きょうみたいに、とことんおいこんで走って、自分のカラダと会話して、時の刻みと、心臓のばくばくが一緒になった瞬間、あー、生きてるぜ!って思える、そういう自分にあえることが、すっきり、だったり、楽しくにつながらのかなーって、

また思い直したりもしました。ランニングって、本当に、奥深い。

かすみがうら、とりあえず、がんばりまーす!がんばりたい!って久々にエネルギーがふつふつとしてるので、この思いを大事に、仕事に負けず、流れていく時間にまけず、わたしは、走りたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

レースで練習?@第57回勝田全国マラソン

きのうは、全国でいろんな大会が行われてましたね。新宿ハーフに、大阪国際女子マラソン。(大阪国際女子、見たかった・・・!渋井選手と赤羽選手見たかった)

わたしは、勝田のフルにエントリーはしたものの、年明けて、練習が全然つめてないことから、出場をとりやめて、スタッフが出場するので、その応援にまわることにしました。

でも、大会直前、仲良しのTコーチと話していたら、「練習で半分だけ走れば?」「どんなコースなの?」といわれ、いろいろと吟味して、25キロだけ走ることにしました。

応援に行くだけで1日つぶれるのは、もったいないので、長距離練習も兼ねられるいい機会かもしれません。

また、編集部のM君、初フルなんだけど、ハムストリングやら、あちこち痛いっていうので、Tコーチの紹介のもと、大会会場の佐藤スポーツさんのブースで、エミューオイルのマッサージを受けることに。

(佐藤スポーツさん、ライジングの高橋さん、ありがとうございました)

エミューオイルについては、今度またお話しますが、ラドクリフ選手も愛用の天然オイルでかなりおすすめです!

そして、スタート地点に、ならんだころは、時間ぎりぎり。

Photo

最後尾からのスタートとなりました。手賀沼を走っていらい、時計が行方不明の私。

初マラソンというのに、時計をもってきてないM君。そんな呑気な参加でいいのだろうか? 体感としては、キロ6~7分の間でゆっくりと走っていきました。

コースは、国道?県道?をひたすら走っていくかんじで、道幅は広く走りやすいのですが、坂が多かった印象があります。あと、最初の給水が10キロすぎまでなくて、つい途中、販売機でお水をかってのみました。その後は給水も増えるんですけど・・・。

カラダが緊張するような寒さで、最初走りはじめたころは、「10キロでやめるかも・・・」といっていたんですが、日差しがでてきたのと、走ったおかげで、どんどんカラダがあたたまっていき楽になってきました。

ただゆるーい坂が多いのと、交通規制がすぐ解除されて、信号待ちをしないといけないので、タイムを狙って走っているランナーは、可愛そうでした。

それでも応援にはげまされ、またM君とおしゃべりしながら気を紛らわせて、予定通りの25キロを走りきりました。M君はその後、初フル完走をめざし、ひとりで走ったそうですが、その後、急な坂道があったり、コースはやさしくないそうです。

係りの人に「もう走るのやめたいのですが・・・」と申し出ると、車がもうすぐ来るのでまっていてくださいとのこと。数名の方と車を待っていたんですが、明らかに私より足が痛そうな人々、苦しそうな人たちが、通りすぎていくのを眺めていたら、25キロしか走らない自分が悪いことをしているような気になりました。

そして、車で会場におくってもらい、荷物を取りにいく途中、表彰式がやってました。

STEP最新号にも登場している、翔ひろ子さんの姿もありました。

わたしは荷物をとりにいって着替えてから、またコースへ戻り、2キロほど歩いていきました。

Photo_2

ゴールを目指して走りこんでくる市民ランナーたちに、ぐっと胸がつまりました。「がんばれー」と声援を送りながら、Mくんがくるのを迎えにいったのですが、もう、みんなの姿に、胸がいっぱい。

涙が出そうになりました。

また、途中ランナー仲間にもあい、嬉しかったです。

25キロはフルに比べると全然楽でしょうが、久々の長距離で足は重かったです。M君を発見し、最初は、隣を伴走してたのですが、おいていかれました・・・。

結果、彼は5時間25分で完走でした。

疲れきって、帰りの電車は爆睡。

わたしは、家に帰ってから、月曜朝しめきりの原稿を2本しあげて、ふらふら・・・。大会後に仕事をするのは、これで2回目だけど、正直しんどい。ブログもその日のうちに更新したかったけど、さすがに無理でした・・・

でも、青梅にむけてすごくいい練習になったと思います。青梅の30キロはなんとか走りきれるという、そんな自信ができました。Tコーチの助言をうけて、走って大正解happy01

またがんばるランナーの姿をみて、元気ももらいました。

これは、参加賞のTシャツです。参加賞では、珍しく長袖です。

Photo_3

また、地元の名物、完走(乾燥)イモも貰いました。

Photo_4

勝田に出場されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

わたしは、結局今シーズンのフルは、かすみがうら1回だけとなりましたので、かすみがうらは大事に走りたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年1月24日 (土)

STEPできました~

じわじわと配布がスタートしておりますので、手にとってみてください。

今号は、今まで一番のお気に入りです。

Step5_2

関わっていただいた方の人数も過去最高です。

本当に幸せです。

******************

地方の方をはじめ、郵送でのSTEP入手をご希望される方へ。

弊社にお申し込みいただくと、郵送用切手の同封など、お金と手間がかかります。

でも、WGHPROのショップに会員登録していただければ、無料で郵送で届きます。

会員登録には、年会費、入会金など費用は一切かかりません。また格安で日清フーズのパスタやWGHPROを買える機会もありますので、ぜひ、この機会にご登録ください。

会員登録は、こちら

http://www.clubwgh.jp/clubWGH.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金さんとランニング♪

金曜日、EXERMUSICのイベントに参加しました。

EXERMUSICは先日ブログにも書きましたが、ジョギング用音楽配信サービス。

こちらは、EXERMUSICの利用者がポイントをためると参加できるイベントで、講師は、エクサミュージックの監修もつとめた、マラソン解説でもなじみの金哲彦さん。

少人数のかなり贅沢なイベントです。ついてすぐ、まずは、着替え。

その後、EXERMUSICについての意見交換、感想などがあり、その後、金さんに、ストレッチを教えてもらいます。

それから、一緒に、金さんと皇居ラン。途中、走り方などアドバイスしてくれます。正しい体幹ランニングも、直々の教えてもらいました。

その後、走ったら、足が前へ前へ行くようになり楽しかったです。

それから、戻った後、またストレッチ。

懇親会となりました。

Withkin_2

金さんにあうのは、3度目かな??でもいつも変わらず、ジェントルで、親切ですてきでした。写真は、ちょっと緊張している私と、金さんです。なんかわたし、太った気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月18日 (日)

隅田川初ラン

ランニングコースがワンパターンになっているので、きょうは、開拓。

近いのに一度も行ってなかった、隅田川を走ってきました。新大橋まででて、そこから浅草を往復。ジョギングシミュレーターで計ったら、自宅から、往復で9キロでした。

日本橋側ではなく、墨田・江東区側のテラスを走っていったら、途中1箇所、川が二股にわかれていて、テラスをでて、外の道を走り、またテラスに戻らなければいけなかったけど、日本橋側だったら、もっとスムースに走れるのかなぁ。

壁がギャラリーになっていて、富士山やら、THE日本という絵がいくつも描かれていました。カメラもって行けばよかったな・・・。

また、両国、蔵前、などの地名を追いかけながらのランはなかなか楽しく、浅草って、けっこう近いのね・・・と感心。

もっと走りたかったんだけど、少しずつ距離を増やしていく予定なので、きょうは浅草までだったけど、今度は晴海の方へ走ってみよう。

帰宅したら、母に、「もっと早く帰ってくればよかったのに~」と同情されました。

「ケイコの好きな柏原選手、今、走りおわっちゃったよ」とのこと。

そうそう、きょうは、都道府県対抗駅伝の日でした。忘れてた。

いつもなら、すごくがっかりするのでしょうが、きょうは気持ちよく走れたので、「そっか~」くらい。ランニングは見るのも楽しいですが、走るのはその何倍も楽しい。

そんなこと思えたのは久々だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会

きのう、ランナー仲間のチカコちゃんが、自宅で新年会を開催してくれました。

ランナー6人、1人1品もちよりでの飲み会だったんだけど、すごい贅沢な宴となりました。

Photo

映画会社の社長のSさんは、さすが大人のグルメなお土産。桐の箱にはいった、いなり和家のゆずとごまのお稲荷さん。(いなり寿司といえば、おつな寿司しか知らなかった ・・・)

CAのごっちゃんは、この前のフライトが、パリだったらしく、美味しいチーズを・・・。チーズとワインのソムリエの資格ももっているってことが、きのう発覚。何種類ものチーズをもってきてくれました。おいしかった・・・。

そして、千鶴子さんは、お手製のちらし寿司。ほっこりやさしいお味で、おいしかった~

よしこちゃんは、お刺身の盛り合わせと、驚くほどたくさんのお酒・・・。ワイン、シャンパン、ビール、梅酒、酒屋さん状態になってました。

で、わたしは、お休みだったので、豚ロースの塩釜焼きと、生春巻きをつくって、もっていきました。初めてつくったけど、仲良しの人ばかりだし、そんなにまずくはないだろうって思って、味見もしなかったけど、美味しかった。まあ、塩釜焼きって、手が込んでいるようにみえるけど、焼く時間がかかるだけで、簡単だし、失敗がないんだよね・・・。

そして、家主のチカちゃんがすごかった。昼間お仕事だったのに、こんなによくつくれたねってびっくり。

*砂肝と香草を煮たもの ←料理名がわからない・・・

*ねぎ餃子。ねぎの緑のところだけを使った餃子なんだけど、もちもちで美味

*豚のしゃぶしゃぶ←日本酒とにんにくとしょうがの入った鍋で、豚とほうれん草をしゃぶしゃぶ。

*ピータン

*ブロッコリーと、アスパラのかにの中華風あんかけ

・・・・テーブルにのせられないほどでした。

また、ちかちゃんが、泡盛にコーヒー豆をつけた、コーヒー泡盛を用意してくれたんだけど、牛乳でわっても美味しいし、グルメな夜でした。

Photo_2

こんなに料理上手の友達がいるならば、外食しないで、毎回ちかこんちに行きたいくらいだわ・・・って、勝手なことを思ったのでした。

「持つべき物は、料理上手の女友達です」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

久々のオフ

きょうから連休をとることにしました。

ちゃんとお休みをとるのって、いつ以来だろう。あまり思い出せない・・・。

9月からずっと過密スケジュールだった。9月以降きょうまで、ちゃんと休んだのって、2日くらいかな???あー、休みは、本当にうれしい。しかも、あすもお休みする予定。土日も、経理などを自宅でやるだけで、のんびりする予定。

嬉しすぎる・・・。

そして、きょう今年の初ランをやっと済ませました。おそかった・・・。

調布・深大寺のあたりを5キロくらい走り、そして、深大寺の温泉に入ってきました。

風水温泉として知られる、「深大寺温泉ゆかり」

夕方5時以降だったので、夕焼けプランというので、1350円で入浴できました。きょうは寒い1日でしたが、ぬるま湯に長いことつかっていたら、芯までぽかぽかです。

ここの温泉は、内湯と、露天があって、露天も何種類もあり、楽しくて、ついつい長湯をしてしまいました。

深大寺って町もすてきだし、旅行にきた気分でした。

夜は、疲れたときにいく、青山の和食居酒屋?「寅福」で食事。あー、時間が自由につかえるってうれしいな。

あすは、またちょこっと走って、小太郎の散歩にもいって、夜はランナー仲間の友人宅で新年会。NAHAマラソンにいったとき、泡盛をかってかえったそうで、そこにコーヒー豆をつけて、コーヒー泡盛なるものをつくったらしい。

わたしも、何か料理つくって、もっていく予定・・・。あー、こんな幸せな日々はそうないわ。

少し、ゆっくりしよっと。

STEPは、今、印刷中です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 8日 (木)

ウォーターローディング

先日、白方コーチ(トップギア)に、東京マラソンのための記事をかくので取材をしました。

先日っていっても、去年になります。(最近月日のたつのが速い)

そこで、耳慣れぬ言葉をききました。ウォーターローディング。、マラソンの直前や、走っている最中に水をたくさんのんでも、カラダに吸収されるのに時間がかかります。お腹がちゃぽちゃぽになると走るのにもよくないでしょ。

なので、カーボと同じく、ウォーターローディングをするのがいいらしい。

なんだか、その言葉に、ぴーんときたんです。

わたしのランニングに、これ、とっても大切な気がする!!

わたしは、普通の人より、なぜか喉がかわきやすい。ペットボトルなしに、ランニングの練習はできないし(短い距離でも・・・)、マラソン大会に行くと、ひどい時は、全部の箇所で給水することもある。とくに春や秋の気温が高い大会になると、水分とりまくる。

あと、カラダが熱中症体質?熱がカラダにこもりやすくて、汗をたくさんかいているのに、体温がさがりにくい。カラダの水分が少ないからなんじゃないかな??

そして、お酒もコーヒーも大好き。アルコールの分解には水が必要だし、コーヒーは利尿作用がある。

しかも、汚い話ですが、お腹をこわすことも多い。←これ、言いたくなかったけど・・・。

結論:わたしは、万年水分不足??

ウォーターローディングすることで、体質がかわるんじゃないか?って思うようになったんです。

けど、忙しいので、忘れてました。今でも忙しくはあるけれど、さっき、白方さんの記事をみてたら、思い出した。(おそっ!)

ネットで水もずいぶん前に注文したはずだったんだけど、頼めてなかったようで、オーダーしなおしました。

次号に登場する、スーパー市民ランナーの翔ひろ子さん(100キロ世界選手権日本代表)も、水をよくのむといっていた。硬水のイタリアの水を最近はよくのむらしい。たくさんのみますって言っていた。

それも、思い出し、まずは、コントレックスを注文しました。硬度高いし・・・。

とりあえず、それを全部のみ尽くして、体質がかわるかどうかみてみようと思う。まあ、そんなわかりやすくわかるものではないのかもしれませんけど・・・。

今まで、食事などで一番変わったものは、玄米。

ランニングをやる前に、あまりにも不健康だったので、数週間、マクロビ食生活をやってから、ランニングをはじめたんだけど、あの時の、玄米生活は、カラダがすごく元気になっていくのを感じた。また肉とか動物性のものをとらないのも、けっこうよかったのかなぁ。

でも、今は、白米で、肉でも何でも食べる。しかも、不規則で、2食だったり、1食だったりすることもある。とっても褒められたもんじゃない。玄米も同時に復活させようかなぁ。

でも、人体実験なので、まずは水で、どこまで変わるか様子を見たい。

あと、すごくいい水をみつけたんだけど、それは、500ml24本で1万円もする。

1本あたり、400円ちょっとってこと。しかも、500ml!

でも、この水は、1日1本飲むだけでいいらしい。なんだかすごい水なんだけど、それはコントレックスの後に、自分の誕生日の月かなんかに買おうかな。しかも、硬水じゃないんですよね。これは、超軟水です。わたしは軟水の方が好きなんで、試してみたいんだけど、水に1万円もだせるか!って思ってしまい、買えませんでした。

でも、考えたら、1日1本でいいらしいので、24日間飲めるわけだし、他の無駄をはぶけば、それくらいいいだろーって思いなおしました。

まずは、コントレックスが届いて、飲み終わってからね。

そして、ネットショッピングで、また変な物もかってしまいました。

カルタです。ひひ。

16日、お友達の家の新年会によばれているので、そのカルタをもっていこうと思ってます。

わーい。じゃんけんで負けた人が詠み人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月 7日 (水)

宝くじとリンゴ

昨年末久々に、宝くじをかった。10枚だけ。

ずっと忘れてて、1月3日頃、当選してるかどうか新聞を見た。

その前に、当たった時に備えて、イメージトレーニングをしてみた。(1億以上の設定)

5000万以内だったら、そこまで人生は変わらないと思うのだけれど、家のローンを返したり、起業の際の借金の返済すると、それで、もうちょっとしか残らなくなる。そのちょっとも、仕事への投資や、ランニング関係で寄付したいところがあるので、すぐなくなる。

けど、1億以上、たとえば3億当たったらと考えた。しかもリアリティをもって、考えた。

そうしたら、一気に暗い気分になったのだ。人生楽しくなくなるかも・・・って思ってきた。

それこそ、練習もせずに、明日、ふつーに、ウルトラマラソンを走れちゃうような、なんか大事な段階をぬかしているような気がした。一歩ずつ階段を上っていくから、頂上につく喜びがあるんであって、なんか、その大事な過程を通り過ぎちゃうような気がした。

しかも、悪い人が集まってきたり、働く意欲をなくしたり、まったくいいイメージができずに、当選結果ののっている新聞を前に落ち込みそうになった。

(まだ当たってもないのに・・・笑)

1億とか3億じゃなくて、100万くらい当たると一番うれしーと思い、新聞をみたら、

結果300円しかあたってなかった。

宝くじが当たらずに、本当によかった・・・。(なら、買うなよって感じですが)

滅多に買わないけど、昔は、宝くじでいい夢みれたんだけどなー、リアルに考えすぎたのか、想像も楽しくなくなってしまった・・・。

お金って、人にとって、喜びにも、毒にもなりそうな気がする

*  *  *  *  *  *  *  *

今月末の勝田ですが、練習がつめてないので、出場するのをやめました。今走っても足をいためるだけになりそうなので・・・。でも、スタッフがでるので、応援には行きます。

2月の青梅、4月のかすみがうらは、ちゃんと走るつもりです。

* * * * * * * * * * *

友人のチカコが以前読んでいたので、「奇跡のリンゴ」という本をかって、よみました。不可能といわれていた「無農薬のリンゴ」づくりに挑戦する木村さんという男性のお話。NHKのプロフェッショナルで話題になり、書籍化されたものです。今本屋で平積みですので、ご存知の方も多いでしょう。

リンゴは、農薬への依存が高い作物で、農薬がないことには、りんごは育たないといわれていたのだけど、情熱と努力で、それを実現させてしまうストーリー。

でも、何年も失敗がつづき、一家が貧乏になる。けど、家族もいい人たちで、お父さんの夢を自分の夢とし、見守っていく。

あとは、これから読む方に悪いので、省略させていただきますが、結果、すばらしいリンゴが育つ。あの何年もの辛い日々が、実を結んだ時、本をよんでて涙がでそうになった。

このお話、リンゴを自分のカラダにたとえたり、主人公の木村さんの生き方を、マラソンにたとえたり、いろんな読み方ができるのでおすすめです。

宝くじなんて、当たって、ぬくぬく生きちゃったら、中身がカスカスの農薬たっぷりのリンゴになりそうだ。お金(農薬)を使いきった時点で崩壊しちゃいそうだもの。

甘さも酸味も十分で、複雑の味のする、木村さんのリンゴみたいな人間になりたい。

あのリンゴのような、強くて栄養に満ちたカラダもほしい。

本当、このリンゴ、いろいろたとえられますapple

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 6日 (火)

東洋の柏原竜二選手

箱根駅伝のちょっと前から、柏原選手の記事をいろいろと見続けている。

箱根の番組をやったり、取材してきたことを、違う番組でお話させていただいたりしたので・・・。

だいたい、知ってることばかりだったんだけど、こんなの見つけた。

さっき、この記事をみつけて、じーんとしちゃった。

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/01/20090103t64027.htm

柏原選手、川嶋元監督のことをこんな風にいってたんです。

「監督が命懸けで戦ってくれたから、ぼくたちはここにいる。全部ぬいてやろう」と思った。

こんなカッコイイ男の子いないなぁと思った。そして、佐藤監督代行の指示を無視して、オーバーペース気味にはいって、でも、そのまま走り続けて、本当に全員ぬいちゃった。

以前、全日本で柏原選手が区間賞をとったとき、川嶋さんがテレビで話していたけれど

「走る前に、失敗してもいいですか?」ってきいてきたそうだ。同じ区間には、早稲田の竹澤選手、中央学院大学の木原選手もいたんだけど、戦略よりも、おもいっきり挑戦してみたかったようで、その時も、木原選手と同タイムで区間賞をとり、監督をびっくりさせていた。

川嶋元監督は、STEPの取材と、ラジオの取材で、あわせて2回会ったことがあるけれど、本当に優しくて、かっこいい人だった。

わたしのインタビューが下手なのに、「何を聞きたいか、どんな話をすればいいか」というのを、すばやく察してくれて、丁寧にこたえてくれた。頭のキレ、回転が、すごくいい人で、すごく助かった。

しかも、気さくで。一緒にいったスタッフも、川嶋さんのこと大好きになっていた。

柏原君も、監督のこと大好きなんだろうなぁと思ったら、なんかじーんとした。でも、彼は、監督に最高の恩返しができたと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

東洋大学 箱根優勝!!

あけましておめでとうございます。

今年は、元旦朝帰り。(仕事&打ち上げで・・・)

それからニューイヤー、箱根と駅伝三昧をしてました。昨年末、大晦日に箱根の特番を担当したので、今年は事前取材をしたこともあって、特に、気持をこめてみてました。

東洋大学、きのうは柏原選手が山の神、今井選手(元順天堂)の記録を大幅に更新し、優勝の立役者となりました。すごかった・・・。

東洋は、12月にはいって、部員の不祥事があり、川嶋監督がまさかの引責辞任。一時は箱根に出場できなくなるかもしれないという事態にまでなった。このニュースをきいたときは、本当に残念で悲しかった。だからこそ、東洋にはがんばってほしかった。信頼をよせる監督がいなくなったことで、悪い結果を及ぼすか?もしくは、それをのりこえて、川嶋監督のためにも頑張るか?どうなるんだろうと思いながら、見てましたが、きのうの5区の走りをみたときには、なんか、じーんとしてしまった。

柏原竜二選手、マスコミへの公開練習のときに「順天堂の今井さんのもつ記録に挑戦したい」といっていたけど、そんな大きな目標を口にするだけでも、大物だなぁと思ったけど、彼は、口だけではなく、それをやってしまった。

あの「気持ちの強さ」はすごいなぁ。

また、この箱根の後、実業団にいく選手もいれば、就職して社会にでていく選手もいる。いろんな学生の姿に、今年もじーんとさせられました。

早稲田の竹澤選手、そして、東海大の佐藤選手、箱根は今年最後となるけど、柏原選手の登場で、来年以降の箱根も楽しく見れそうな気がしてきた。

川嶋監督はどこで箱根を見てたんだろう。テレビかなぁ。沿道かなぁ。教え子たちの奮闘に喜んでいらっしゃるんだろうな。

東洋大学、本当に、おめでとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »