« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

キュウちゃーん!!ありがとう。

朝、ネットでニュースをみたとき、へっ?って思った。

キュウちゃんが引退・・・。

ついに、その時が来たかと、寂しくなった。でも同時に、「ありがとう~」「おつかれさま」って素直に思った。これからは、本当に楽しく走ることだけを考えて、大好きな陸上を、職業としてではなく、趣味としてつづけられる。(仕事も多いだろうけど、プロ選手じゃないから、楽にはなるのかな) 

わたしは、これまで高橋尚子選手をブラウン管でみるたびに、何度も泣かされてきた。負けた試合も笑顔のQちゃん。またチームQになってからの苦労の時代で、一度返り咲きをしたときの優勝会見、うれしいときも、つらいときも必ず記者会見に登場し、質問にいやな顔せずこたえて、キュウちゃんはいつも笑顔。

あまり泣かない、笑顔のキュウちゃんに、決して涙もろくないはずの私は、いつも、ひっくひっく泣いてきた。

その強くがんばる姿をみるたびに、わたしは、いつも心の底から、キュウちゃんを応援してきて本当に良かった・・・と思った。

STEPをだしたころ、なんどかスタッフに、「いつか、編集長の大好きなキュウちゃんを取材できるといいですね」といわれた。

そして、アホなわたしは、自分がキュウちゃんを取材している姿を想像するだけで、泣けてきた。「キュウちゃんなんて、あったら、もう、感動して涙しかでてこないし、好きです!っていって、それで、おわっちゃう。話なんて、ろくにきけないと思う。そして、キュウちゃんは今はとっても大事な時期だし、取材とか煩わしいことさせたくないもの。きゅうちゃんは、走ることだけ考えていてほしいもの」って、もう、キュウちゃんの名前がでただけで、涙をうかべながら、スタッフに話していた。

そんな大好きなキュウちゃんが、わたしの初フル、湘南国際マラソンの第1回で、スターターだった。

キュウチャーンって、呼びたかったのに、キュくらいで、喉が石でふさがれたようになって、声がでなくなって、じーんとしちゃって、ただただ、手だけをふっていた。

今年も、キュウちゃんが3大会連続国際マラソンにでるっていってたので、湘南にでるのをあきらめ、東京国際を応援しようと勝手に思い込んでいた。

いやー。もう、ただのファンだったんです。

世界一好きなランナー。っていうか、世界一好きなスポーツ選手、いや、世界一好きな有名人??

キュウちゃんがいたおかげで、マラソンへの情熱もより高まりました。

きょう皇居を走った。ハーフマラソン明けなので、ゆっくり5キロだけ走ろうって思ってたのに、きゅうちゃんのこと考えたら、I-PODも充電切れなのに、足も痛いのに、15キロも走ってしまった。

功績だけではなく、人の心を動かす力があるキュウちゃんみたいな選手は、なかなかでてこないんだろーな。

キュウちゃんは、記者会見で、みなさん、ありがとうございました。そして、みなさんの人生にエールを送るといってたけれど、こちらこそ、ありがとうございました。そして、今後のキュウちゃんの人生にもエールをおくりたいし、ずっと変わらずファンでいると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

手賀沼のつづき・・・

手賀沼エコマラソンの写真を、きょう、スタッフからもらって、見ていたら、いろいろと思い出しました。写真を交えつつの、完走記、ふたたび・・・です。

Photo_2

中央学院大学の陸上部が、毎年招待選手として出場するんですよね。ザ・エキデンの走りも、いまや、この大会の名物といっていいでしょう。

そして、あたたかい応援も・・・。

Photo_3

わたしたちランナーも、この日のために、練習をつづけてきたけれど、応援だって、大会運営だって、この日のために練習してきてくれたんです。走ってる途中も、ブラスバンドや太鼓、ところどころ、応援に励まされました。

いっぱい大会にでてきたせいか、そういうことを時々忘れそうになるけれど、写真をみてたら、そんなことを思い出しました。

そして、仮装ランナーも!ハロウィンが近いせいもあって、カボチャの仮装者発見。

Photo_4

・・・って、知り合いですが、当日、わたしは会えなかったんだけど、写真で元気な姿をみて、爆笑しました。いい笑顔です。

生で見たかったなー。でも、写真で、あえて、それも嬉しい。(勝手にのせちゃったけど、苦情は受け付けませんので、よろしくー!)この仮装、かしてくれないかな??

大会は、苦しかったり、つらかったり、思うような結果がだせなかったり、いいことばかりじゃないけれど、自分の実力や弱点を知るとってもいい機会だと思う。やはり、練習はあくまでも練習です。レースでがんばって、がんばったのに、結果がでないっていうのも、それは受け止めなくてはいけないし、そのおかげでやるべきことも見えてくる。次へ進むためのすごく大事なステップだと思う。

Photo_5

写真をみてたら、本当にいろんな表情がありました。くやしそうな顔、泣きそうな顔、笑顔も・・・。でも、どれも、ちゃんと、次につながる表情だし、いろいろなんだなぁと思いました。

いろんなランナーの姿があるから、レースって「がんばろうっ!」て、思えるのかもしれません。

Photo_6

10キロすぎて、少しすると、スタート会場のほうから、花火?のような音がなった。

わたしたちがまだ半分だというのに、トップランナーがもう帰ってきた様子。

Photo_7

そして、知り合いで一番速い、田中コーチも!!30台の部、年代別2位だって・・・。

Photo_8

↑この赤い人が田中さんです、中央学院大学の陸上部をぬかしてるじゃないですか。わたしの友人たちの師匠です。

まだまだいっぱい写真はあるんだけど、ここらへんで、やめておきます。

そうそう、STEPのはたをもって、写真をとっていたスタッフに、数名の方が、

「いつも読んでるよー」と声をかけてくれたようで、ありがとうございます。ランナーを励ましにいったのに、励ましてもらってますup

また。今回が初レースだった、ごっちゃん(美人で彼氏募集中)が、すごく楽しかったーといってくれたとき、自分が主催したレースでもないのに、とっても嬉しかった。

一緒にいった仲間が、「レースすごく楽しかった!」って言ってくれると、なんだか、わたしまで、すごく嬉しくなっちゃって、レースに出れてよかったと、いろいろと感謝したくなった。

今は当たり前のようにレースにでているけど、自分の健康、家族の幸せ、平和、お財布事情、とりあえず、いろんなことに恵まれてるから、大会も開催されるわけだし、自分も出場できるんだもの。

ごっちゃんが、「楽しかった」っていってくれた一言に、わたしも、嬉しくなって、とってもとっても楽しいレースとなりました。

応援してくれたランナー仲間、そして、声をかけてくれた参加者の方々、また大会運営者の方、ボランティアの方々、沿道の方々、本当にありがとうございました。

・・・って、このブログで書いても通じないかもしれませんが・・・。

そして、このちょっと前に書いたブログでは、「大きな感動を味わうには、ウルトラにでるしかない」って書いたけど、波が遅かっただけで、写真みてたりしたら、じっくりと思い出すこともあって、ささやかだけど、じんわりと感動しています。

ランナーの写真みてたら、写真がよかったから?がんばれーって、写真にむかって声をかけたくなったもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

第14回手賀沼エコマラソン

昨日、手賀沼エコマラソンで、ハーフ走ってきました。

よく一緒に走る仲間たちと参戦したわけですが、メンバーの中で、わたしが一番遅かった!結果は、2時間13分。でも、練習不足の中、完走できてほっとしました。

走る前は、整体院はつらつの出張テーピングにお世話になり、ファイテンのパワーシールをあちこちにはってもらう。そして、ゆっくりjogと、スキップと、流しで、しっかりとアップ。また以前ラフィネの木村コーチに教えてもらった、けんこうこつをリラックスするストレッチを二人組でやりました。

そして、レースへ。緊張感のないままスタート地点へ。

Photo

あれよあれよと走り始める。背番号8892がわたし。今回はフランクショーターのノースリーブで走ってきました。ノースリーブは気をつけないと、脇がすれるという方も多いようですが、このウエアは大丈夫。ワセリンもぬらなかったけど、すれることもなく、しかもノースリーブなので、腕フリもきもちよく、できたはず??です。

最初の5キロは28分だったけど、それ以降は、5キロで30分以上かかる走り。足は重くて仕方がないけれど、どこも痛くならず、最後まで走れてほっとしました。

太鼓、ブラスバンドの応援もある。手賀沼に出るのは2年ぶり。昨年は応援とSTEPの配布だけだった。なんとなくコースは覚えていたけれど、記憶力には自信があるんだけど、ところどころ違ってた。

初めて走ったときは、10キロすぎに登場する坂が、とっても急なものに感じたけれど、今回走ってみたら、それほどでもなかった。(だったら、もっと速く走れ?って感じ?)。

あと、ハーフの長さが今まで走った中で一番短く感じた。

また、15キロまで、はっちゃん、千鶴子さんと、3人で走ったのも新鮮。

15キロすぎたあたりで、「まだ力があまってたら、ここから、どんどんスピードあげていったらいいよ」というと、見事、二人に置いて行かれました。言った、わたしは、キープするのも精一杯。ふらふらになりながら走ってました。

マラソンはまぐれがないスポーツ。これまでの積み上げてきたものがとっても大事なわけですが、そういう意味で、自分の実力もしっかりわかってよかった。もっと練習して、1月の勝田は、悔いがのこらないようにがんばります。

手賀沼は、本当、季節といい、コースといい走りやすい。

走った後、参加賞のバナナをもらわず、何もたべないまま北千住に移動。お好み焼きさんで打ち上げをしたら、すでに2時は過ぎていて、朝の6時にごはんをたべて、ハーフの距離を走り終えるまで、何もたべなかった。スポーツドリンクのみ。

食べ始める前、低血糖?だったんだろうか・・・。おなかが減りすぎて、具合が悪くなったけど、食べはじめたら、すぐに治った。

本当は、レース後、すぐに何か食べないと、体は消耗するからいけないんだけど、バナナがそんなに好きじゃないので、ほっておいたら、案の定、そんなことに。

今回手賀沼では、応援にきていた、えみちゃん、にゃんねるさんにも会えた。

また前島さんたち、田中コーチにもあえたけど、きょう来ているのがわかってるのに、会えない人もいたけど、またどっかで会えるだろう。

今回は、自分の課題を認識するためのレースなので、そういう意味では実りのあるレースでした。

2年前のわたしのブログ、初めて走ったハーフは、なんて感動的だったのだろう。それにくらべ、なんてあっさりしちゃってるんだろう、今回の感想は・・・。

前、そんな話を知り合いにしたら、また大きな感動を味わいたいのなら、「ウルトラに出るしかない」といわれた。

まあ、ハーフが、2時間13分なので、そんなのはずっと先のことですが・・・。

きょう、手賀沼と同日開催だった諏訪湖マラソンに参加してたDJの坂上みきさんからメールがきた。坂上さんは、1時間52分で完走したそうだ。

わたしの知り合いの女性陣の中で、一番はやい。今年の湘南で初フルデビューをされるらしい。

とにかく、レースはなまけていた自分へのいい刺激となりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

築37年

最近、鏡をみるのが面倒になってきたら、ただでさえかまわない性格なのに、どんどん不精になってきた。

あー、男子に生まれたかった。かなりイイ男になれた自信あり。

・・・っていう発言が許されるのも、20台前半くらいまでだろう。

中性的なキャラが許される、年でもないのです。そう、マンションでいえば、築37年。それと同じくらい長生きしてるんだよね。でも、メンテナンスをしっかりやれば、大丈夫?いや、やらなければヤバイ年なのです。

走ってると、なんだか自然児になっちゃって、すっぴん率も高くなる。でも、この前、すごい話をきいたので、そんな生活を改めようかと思ってる。

きれいな人っていうのは、元もあるけど、努力もすごいんですね。ある女性ランナーは、スポンジにファンデーションをたっぷり含ませたものを、ジップロックにいれて走り、そしてゴール前に、ささっとぬって、美しい笑顔でフィニッシュゲートをくぐる・・・なんて話もききました。

また、ネイルのケアは欠かさないって人も・・・!(ジョイナーを思い出す←古い)

そして、メイクはおちても、まつげがくるんとするように、まつげパーマはマストとか・・・。

わたし、生まれきた時は、女の子でした。高校生のときも、超、乙女でした。なのに、いつから、こんなに、さっぱり、ざっくり、した男っぽい女になったのだろう。

ランニングのために、まつ毛パーマをかける人との分岐点は何だったのだろう。

若いうちは、本当に呼吸しているだけでOK

新築の家って、新しい木の香りがして、あと家具とかこらなくても、そこそこ美しいじゃない。でも古い家は、それこそペンキもぬりかえなくちゃいけないし、見せ方も工夫して、お金をかけてやらないと、ただのボロ家になってしまう。

走るっていうのも、メンテナンスのひとつではあるけれど、なんていったって、築37年。メンテナンス一個で足りますか??耐震強度は?水道から変な色の水でてない??壁紙ぼろぼろではない?雨漏りしてない?畳くさってない?白アリは?すきま風は?

・・・って、点検してたら、めいってきた。

とりあえず、今度の日曜の手賀沼ハーフ、がんばろー。寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2008年10月24日 (金)

ラン♪ランチ

きのうは、topgearの白方さんとランチ。とある企画についてのご相談をしました。最近ランニングについて、各方面から相談をうけるんだけど、私1人では何もできないので、走りのプロの白方さんに、いろいろと相談にのっていただいたのです。

詳細がきまったら、ブログ&STEPWEBでお知らせします。

そして、本日は、FRaUのランニング特集や、クリールの連載でご活躍のライターの間庭さんと、アパレルPRのうだちゃんとハレノヒでランチ。

たっぷりの野菜が入ったムシケンという、蒸し鍋料理をつつきながら、間庭さんのスパルタスロンの完走記をききました。

前の仕事がおした関係で、遅刻をしたわたし。遅れていったんだけど、その間に、うだちゃんが、全部話をきいていないかと不安だったけど、まっててくれました。

ギリシアのスパルタスロンに参加して完走した間庭さん・・・このレースは246キロを36時間以内に走るという狂人レース。スパルタスロンならではのエピソードがいろいろきけました。詳しくは、発売中のクリールを御覧ください・・・って省略しすぎ??

選手達が宿泊や食事をする場所を「選手村」ってふつーによんていた間庭さん。速さよりも、カラダの丈夫さ、胃の強さなどが大切といっていた。食べれないと走れないらしい。あと精神力・・・。

うーん、どれもないよ、わたしは。

想像してみましょう。100キロ走ってボロボロになった時、「あと150キロ走る」って計算した時点で、心が折れちゃうと思うんです。それを乗り切る強い心がもてるんだろーか。どんな練習をしたら、そんなになるんだ??

でも、お話をきいていて、いつかはウルトラには挑戦しようかなーと思ってきた。さ来年あたり、まずは、70キロくらいから始めてみようと思います。たぶん。

月にどれくらい走ってるのか聞いてみたら、そんなに走ってないですよ・・・と前置きされたうえで、「200」という言葉が返ってきた。

本当にすみません。9月23キロしか走ってない私は、同じ土俵にのることすら許されません・・・。いっぱい走ってるけれど、仕事もかなりお忙しい様子。わたしはすぐ仕事が忙しいと走れなくなってしまうんだけど、甘いですね。

先日、間庭さんが構成を手がけた本、アンドゥの雅美さんと里美さんの本「支え」が講談社から発売された。

美ジョガーの憧れ、アンドゥの雅美さんは乳がんになり、抗がん治療などをしながら乗り越えた闘病生活、しかも仕事をしながら・・・。そしてそれを支えた里美さんのお話が、日記形式でまとめられた本、あの明るく元気なお二人からは想像もつかない大変な日々が、描かれていた。ランニングのこともちょっとでてくるので、ぜひ、女性はよんでほしー1冊です。乳がんの検査とかちゃんとしたことないので、マメにしようと思ったり、健康であることの幸せを考えさせられた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

@runnner 練習会!

昨日土曜日、またもや坂上さんと一緒に、走りました。坂上さんのお友達で、ランナーの、レストランジャーナリスト、犬養裕美子さんもご一緒。

犬養さんは、FRaUのランニング特集にも何度もご登場していたり、ランナーズで連載をしていたこともあり、最近では「レストランナー」という肩書きも・・・!!

その犬養さんが、@runnerの練習会に坂上さんを誘ったところ、そのお誘いがわたしのところにまでまわってきて、ご一緒させていただきました。

@runnnerの練習会、場所は駒沢公園!!キロ5分と、キロ6分のペース走、またキロ7分のLSDといくつかコースがあり、私たちは、LSDに参加しました。

各チーム、ペーサー役のコーチがついてくれて走ります。からっとしたお天気で、涼しくとっても走りやすいが、すぐに汗だく・・・。コースも、周回コースを走ったり、ちょっとコースをかえたり、飽きないように工夫してくれます。

そして、だいたい30分に1回、2分の休憩&給水タイム。コーチは、90分ごとに交代で二人ついてくれたのですが、最初のコーチ、スタートから1時間、キロ6分半をきって走っていたらしく、みなに速いとせめられていたcoldsweats01

怠けたカラダには、長時間走はこたえますが、なかなかいい練習になりました。

コーチが交代したタイミングで、数名が、帰宅。

わたしは、あと、ちょっと、あとちょっと!と思い、30分×5回。2時間半のLSDで、およそ23キロ走りました。コーチが「6回目いくひとー?」と声をかけたときは、誰も手をあげていなかった。

練習で20キロ以上走ることなんて、殆どないので、体はかなり消耗。

最後のほうは、ぼーっとしながら、頭のなかましっろになって、足音がお経のようにきこえた。なんだろう、あの感覚。

顔を洗ったとき、水が口にふれたら、しょっぱくて、びっくり。公園内を走ってる時に、何度も売店の前を通るんだけど、そのたびに、ソフトクリームの看板がめについた。坂上さんも犬養さんも「ソフトクリーム食べたいねー」といってたけれど、2時間半はしって、かいにいこう!っておもったら、もう売店しまっちゃいました。

なので、帰り、コンビニでソフトクリームを買い、歩きながら食べたわたし。こんなに美味しいソフトクリームは、北海道にいっても食べれない。走らないと食べれない。強烈に美味しかったです。

帰りの半蔵門線も爆睡してしまった・・・。

けさ、ジョグノートに23キロってつけたついでに、9月の走行距離をおそるおそるチェックいしたら、なんと9月は、月間で23キロしか走れてなかった。

昨日の距離と、一緒だ・・・。

10月も100キロいくかどうか微妙だけど、昨日はいっぱい練習ができて本当によかった。イベントやったりしても、自分の練習をしっかりする時間がなかったので、今週は、皇居の15キロ走といい、@runnerの練習会といい、自分のためだけに走れて幸せ。

練習後、犬養さんと、@runnerの鈴木さんにSTEPを渡す・・・。

お二人とも、いつか取材をさせていただきたいと思っていたので、とりあえず昨日、ご挨拶ができて、よかった、よかった・・・。

@runnerの練習会は、長距離走りたいときは、おすすめです。またいこっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

「久々」ばかりの1日

きょうは、久々に15キロ走った。

今年の4月まで一緒に仕事をしていたラジオDJの坂上姉さんにさそっていただき、夜、ふたりで皇居RUNへ。坂上さんと二人で走るなんて、本当にひさびさ・・・。

そして、いろいろお話しながら、15キロ、皇居3周も走りました。10キロで、少しばててたので、やめようかと思ったけど、ゆっくりならあと1周走れるというわたしの言葉にお付き合いいただき、ふたりで、あと1周。

その間・・・いっぱい知り合いにあった。田中コーチ以外は、久々に会う方ばかり。みな元気にがんばてるんだなー。わたしもがんばらねば!とちょっと思う。

まあ、毎日ランニング以外のことはがんばってるんですけどね。

でも、走るってステキだ。皇居ってすごい。なんの約束もしてないのに、いっぱい知り合いにあえるよ。そして、ランニングのおかげで、カラダのすみっこの細胞まで目覚め、ぱちぱちとはじけてる。

走った後は、かるく汗だけふいて、皇居前のホテルグランドアーク半蔵門で1時間くらい、お茶。(わたしはビール)

で、坂上さんとは、土曜日にまた会う約束をしてわかれた。

それから、眠気覚ましに、コーヒー一杯のんで、またTFMにもどり、残りの原稿しあげたら、充電切れです。

ちかこと佳子ちゃんも走ってたらしく、「のんでるよー」ってメールをもらうけど、風呂もはいってないし、ぼろぼろだし、前の日もあまりねてないし、帰宅。

でも、家に帰ったら、なんか元気になってきて、ごはんたべて、ビールのんで、ブログをかいてるわたし・・・。

15キロ走ったおかげで、きょうがスペシャルな日に思えてきた。ランニング万歳!おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

整体&アロマ講習会

この前の3連休の最終日、整体&アロマのイベントを開催しました。

Photo_2定員は15名を予定していたのですが、20名に増枠。それでも、数名おことわりもしてしまいました・・・すみません。

整体もアロマも、人数が多すぎると、いろいろと行き届かなくなるのと、会場の狭さもあり、それがマックスでした。

整体は、肩甲骨の固さ、股関節の開き具合から、いろいろとカラダの癖をチェックしてもらいました。お客さんの7割以上がランナーという、池袋の整体院はつらつの平野院長がみてくれました。

アロマは、STEPで不定期連載で登場する、伊東さんが、アロママッサージオイルの作り方をおしえてくれて、実際にみな、好きな香りで、アロマオイルをつくって、お持ち帰りいただきました。

わたしは、ばたばたと動いていて、実際つくらなかったので、何ともいえませんが、好みの香りをブレンドしていくのは、とっても楽しいです。

ユーカリ、レモングラス、ローズマリー、マジョラム、ラベンダーなどなど、Photo_4

筋肉の炎症をおさえるものやリラックス効果のあるオイルを7種類ほどご用意して、それぞれ3種類くらい組み合わせて、自分オリジナルのオイルをつくりました。

わたしも、今度、個人的に教えてもおっと。

そして、講座の後は、時間のある方だけ、皇居ランへ。5キロを26分くらいのチーム、30分のチーム、33分のチームと3つにわけては知り始めた物の、結果、バラバラになって、走ってました。

そして、最後は、これまた時間のある人だけ、飲みにいきました。

イベントは、何度もやってきているけど、毎回、あーしよう、こーしようと、課題がのこります。

あと、お土産に、武田レッグウエアーの特許もとった5本指の立体ランニングソックスをご提供いただきました。

この超強力ソックスと、アロマ、そして整体で、ケガをしないカラダをつくってほしいと思います。みなさん、楽しんでいただけだかなぁ・・・それだけが気がかり。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年10月 8日 (水)

FRaU Running!!

Run_mook_h1_2

STEPWEBでも紹介していますが、美ジョガーなる造語もつくりだし、女性のランニングブームを牽引してきた、女性誌FRaUのランニングのMOOK本が発売されました。

編集部の川良さんが送ってくださり、早速読みましたが、内容の充実感、おしゃれさ、すべて頭が下がります。川良さんをはじめ編集部のみなさま、尊敬します。そして、こんなmook本をジョガーのためにつくってくださり、ありがとう!!

これだけのレベルの本をつくるには、どんだけパワーをつきこんだのか・・・想像するだけで途方にくれます。

走る女は美しいの人気シリーズが掲載された号はすべてもってますが、それらの記事を美しくまとめあげ、ブラッシュアップし、さらに新しい情報もプラスされており、ジョガーなら、1人1冊。大切にしていただきたい保存版です。

また、私としましては、スタイリストの工藤満美さん(STEP最新号に登場)、やSTEP創刊号でインタビューした大櫛エリカちゃん、また友人の中田美香ちゃん、うだちゃん、他、知り合いの顔もちらちらのってて、それも楽しい。

そして、うれしいことに、我がSTEPもご紹介いただいております。「美ジョガーの味方厳選リスト」、33ページにとりあげられているので、そちらも御覧くださいませ。

★ ★ ★ お知らせ ★ ★ ★ ★

「SUPER RUNNERS」好評OA中!!

毎週土曜日朝7:25~7:30 TOKYOFMにてOA中。

毎回、ランニング界で活躍する、スーパーランナーが登場し、栄光への軌跡、ランニングに対する思いなどを伺います。レースシーズン幕開けの今、モチベーションアップになるお話をきける番組です。

放送は首都圏のみとなりますが、PODCASTでも配信中ですので、ラジオを聞けない環境の方は、ぜひそちらでお楽しみください。

eyeポッドキャストの放送は、http://www.tfm.co.jp/podcasts/sr/にアクセスしてください。

eyeまた、この番組の前に放送している、長谷川理恵さんの番組「NIKE GOOD JOG」とあわせてお楽しみください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

走る!!

きょう、10月からの新番組の取材で佐倉にいき、翔ひろ子さんに会った。

翔さんは、この夏のサロマで優勝を果たし、ウルトラマラソンの世界選手権に日本代表として出場する。もともとの才能もあるけれど、すごい根性の持ち主。年齢もほぼ同じなんだけど、なんか強さがまるっきり違う。

ご主人と一緒に中華料理店を経営しているのだが、お店の忙しい日は練習時間がとれないので夜中に走る。で、寝れない日も多々あるとか・・・。

ちなみにお店の定休日はない。唯一のお休みは大阪、名古屋の国際女子マラソン。そしてサロマ湖と、泊まりでいかなければいけないときは、2日間休みにして、ご主人も一緒に応援にきてくれるそうだが、それいがいは、GW,盆暮れ、正月、すべて関係なしで営業しているそうだ。また、つくばマラソンや東京国際女子マラソンにも出場されてるけど、走った後、3時までに店にかえって、お仕事をするそうだ。仕事もマラソンも完璧なスーパーウーマン。

実業団のように走る環境が整っているわけではない。自分が選手兼監督という、まさに市民ランナーの星★!

最近のわたしは、忙しくてぜんぜん走れなかった・・・。んだけど、そんなこと翔さんの前では言えないなぁ。

* * * * * * * * * * * * * 

まあ、体力、資質が違うとして、それはおいておく。

で、きのう久しぶりに皇居をゆっくり10キロはしった。虚弱体質のわたしに、久々の10キロは楽ではないが、走る幸せは十分に感じることができた。

走らないと、どんどん走れなくなってしまうが、だからといって、まるっきり走れなかった頃の自分よりは、多少はましだ。

この感覚、どうやって例えようかと、ライター的思考で走っていたら、ランニングって穴掘りににてるなーっていきついた。ディグるって感じ?

走ることは、自分の体を掘ること。固かった土がやわらかくなり、穴からは何がでてくるかはわからない。きれいな水がでてくることもあれば、粘土がでてきたり、またタイムマシーンのカプセルのように過去の宝物がでてくるかもしれない。ときには新しい発見。また時には過去をみつめなおし、そうやって走ってる気がする。

そんなことをおもいながら、ケミカルブラザーズをききながら、過去なのか未来なのかわからない時間をたったか走った、昨日。

昔、ほった穴は、しばらく走らなかったせいで、半分くらい埋もれていたけれど、でも、まったく新しい地面にシャベルを突き立てるよりは、まし。やわらかい土を今はどかして、昔ほりさげた地面までは、たどりつきたいなーと思って走ってる状態です。

今シーズンは、温泉をほりあたてるか?もしくは、豊かな井戸水をさぐりあてるかしたいって思うんだけど、それもできるかどうかはわからず、でもわからないから面白いので、冒険家の気分で走っていこうって決めたのだ。

走るって穴掘りに似てる。できれば、地球の裏側にたどりつくまで、もうほれないってところまで掘ってみたいって思う。

走ることは、単純だけど、深い。そう、ほっても、ほっても、ほりきれないから。そしてそれは、わたしの限界、可能性がまだまだ先にあるように思えて、ちと嬉しくなる。

走れない時間は、不満もたまるが、走るありがたさがわかる貴重な時間なのかもしれないなんて、翔さんのお話をきいたら、わたしは走れるのに、走ってない人なんだけどさっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

ランニングフェスティバル@TFM

久々に、だらっとした日を過ごしました。仕事もちょこっとしてますが・・・。
でもここ数日間の忙しさに比べたら、殆どオフみたいなもの・・・。
忙しいと、ブログもなかなか更新できませんが、だらっとできる日は、書くことがない?
なので、昨日のお話。

おかげさまで、昨日土曜日無事?TFMのRUNNINGイベントが終了しました。
Photo
来ていただいた方、楽しんでいただけましたでしょうか?
今までイベントの仕事は、ライターという立場でいっぱい参加してきたけど、今回は、
プロデュースや、コーディネイトもかねているので、責任は重い。

無事おわったけど、個人的には「もっと、こうしよう!」と思えることがいっぱいあったので
また次回、こういう機会があったら、いかしていきたいです。

今回は、いろんな方にご協力いただきました。
ランニングチームを3組つくったんだけど、ニッポンランナーズの小西雅子さんにペースメーカーや最後尾を走るランナーのブッキングを・・・。

そして、コーチは、NIKEのランニングアドバイザーとしておなじみのMIDORIさん!
また刀水AC代表の福地義一さん、TOP GEARの白方健一コーチ。
コーチにとって土曜日って忙しいのに、しかも人気のコーチ陣がひきうけてくださり、感謝です。わたしも習いたかったー

一方「走らない」チームもありまして、その方たちは、ステージでランニングクイズに挑戦!
アナウンサーの藤丸由華さんの司会のもと、○×クイズ。
また、STEPでもいつもお世話になっている、RUN×食NETの小島美和子さんにも登場していただき、ランナーの食にまつわるクイズを出題できました。

そして、NIKEさん、コニカミノルタさんのブースも登場。
コニカミノルタからは、中井祥太選手が登場してくださり、、tfmの美人社員東谷さんの司会のもと、ランニングマシーンをつかって講座を開催。

そして、最後は長谷川理恵さんのトークショーをみんなで聞きました。
トークショー後半は、参加者のみなさんからの質問タイムももうけ、いろんなお話が展開されました。

なおこのイベントの模様は、13日の体育の日、午後7時からTFMでスペシャル番組としてOAされますので、ぜひ聞いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

ご無沙汰しちゃいましたが・・・

STEPやっと配布スタートです。30日に、みんなで配送準備をし、きょう出荷。2日には配布先のお店に届く予定です。
今回から部数もふえたのでスピード印刷は無理と印刷やさんに断られたりで、遅くなりました。
Stepvol4
今週末はTFMのランニングイベントです。
その準備もかさなり、大忙しでした。
でも、いやーな忙しさではなく、充実した忙しさ。
少しでも、走る時間がとれると、もっと毎日が楽しくなるんだけどなぁ。

そして、9月末からきょうにかけて、いろんなことがあったのに、
なかなか報告できなかった。
鮮度がおちてしまったので、心のひきだしにしまっておいて、またいいタイミングで、いろいろとお話ができればいいと思います。

とりあえず、STEPがみなさんのお手元に無事届くことを祈りつつ・・・寝よっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »