« ホワイトデー | トップページ | 湘南の写真 »

2008年3月16日 (日)

2008湘南国際マラソン、ぎりぎり走れました

Photo 2008湘南国際マラソン。

どうにか、無事、走れました。膝裏の足の痛みもでずに、最後まで足がもち、ほっとした。

きょうは、最初から、「完走できるか、どうか・・・」という心配があったのだけれど、同じく練習不足で完走があやぶまれる、ラジオの仕事仲間のtoyaちゃんと、ふたりで、ゆっくり走ることにした。

笑いながら、喋りながら、走る。

実はレースで人とずっと一緒に走るのははじめての経験で、本当に不思議だけれど、彼女とは仕事も一緒によくやってるので、違和感はない。

お互い励ましながら走る作戦で、収容バスにのらないですむようにがんばろーねと誓い合う。

本当によく晴れた。晴れすぎだ・・・。でも、お天気とは裏腹、頭の中には走れない理由ばかりがかけめぐる。どんよりしている。「膝裏が痛んで、練習不足だったなぁ」とか、そんなことばかり。ぐちぐちぐちっと。Photo_4

最近のレースにでるときは、ちょっと自棄で、「なるようになれ」という感じ。

でも、スターターの欽ちゃんの天真爛漫な笑顔と温かい応援に、心もほぐれる。

そして、走り出したら・・・、そんな余計なことを考えなくなっていくからありがたい。

トーヤちゃんとずっと、どうでもいいおしゃべりをする。仕事のこと、三十路をすぎたら徹夜はダメだとか、他のランナーのTシャツに書かれたメッセージにつっこみをいれたり、たらたらと喋る。

いつも皇居を走ってる時のよう。

汗がだらだらとでて、気持ちいい。ただ暑いので、全部の給水所でドリンクを補給。そして、キロ7分台だと思われるゆっくりペースで走る。

実は、時計もせずに、走り出してしまったので、タイムがよくわらかない。そんなことこれまでのレースではありえなかったことなのに、レースに対する集中力が最近欠けている。東京マラソンだって時計もってたのに、スイッチ押し忘れて、自分のタイムがわからなかったり、とにかくひどい有様だ。

でも、トーヤがいてくれたので、「もう、平塚だよ」「茅ヶ崎市になったね」など、道路標識を見ながら、お互い励ましあった。

そして、折り返しが見えた頃・・・。なんか、やっと、折り返しだ・・・とバテ気味だったところへ、女の子が白い紙に応援メッセージをもってたっているのが見えた。

その紙には、なんと・・・「STEP編集長、がんばれ」と書いてあるのだ。びっくり!!

でも、見覚えのない女性だったけど、思わず、「おおっ!」っててをふった。

すると、「編集長ですか~?」ときかれたので、うなずく。誰だったんでしょう。もしこれを呼んでいたら、名乗りでてほしいです!そして、本当にありがとう。

そんなサプライズのおかげで、少し元気を取り戻し走る。途中、エイドに立ち寄った時は、屈伸をする。お互い、口数は減ってくるものの、一緒に走り続ける。やはり練習不足でばてばてで、やめたくなるけど、トーヤちゃんもがんばってるんだからと、ムチを打つ。

20キロの表示を見た時は、ちょっとほっとする。フルならまだ半分だけど、あと、10キロ。30キロで本当によかったとかみしめる。

そして、25キロ時点でトーヤちゃんが「足のストレッチしたいので、先にいってください」といってきた。最後の5キロ、一人になった。足が悲鳴を上げている。暑さで体力も残ってない。その後は「歩きたい」欲求がやってきた。

・・と同時に、思い出した。初めてのフルマラソンのこと。去年の湘南で、わたしは初フルを体験したのだ。なんだか、あの時のことがフラッシュバックのようにおそってきた。

見覚えのある景色。1年前ダーリンがわたしに声援をおくってくれた場所だ。

今よりちゃんと練習もして、走れたけど、でも、あの時だって、大変だったはず。だけど、あの時の私は、大変なのはDsc00213 当たり前とおもって、がむしゃらに前へ進むしかなかった。

初フルの時は、歩くなんて、考えもしなかった。

防風林をぬけると、海が広がる。あの日もとても天気がよかった。そして、みんなに応援されながら、感謝で心をみたして、痛みに半泣きになりながら、最後まで、体をゴールに運んだんだった。

走れ。走れ。走れ。1年前の私が命令をする。

走る場所は同じだけれど、一番違うのは、「心」かもしれない。できないかも・・・ってどこかに弱気な自分がいて、足にブレーキをかけているのだ。

走れ。走れ。走れ。初フルを走った時の苦しくて仕方なかった私が横で、伴走をはじめる。波の音と足音と泣き声のような自分の息遣いで、瞑想気分になる。

「走れるから、最後まで走れるから」と呪文のようにとなえると、足があがるようになった。

負けていたのは、足よりも、練習量よりも、心かもしれないと、はっとする。そして走ろうときめたら、体はちゃんとついてきた。体は本当に偉い。勝手に頭で思い込んで決めちゃってたんだね。まだ走ってくれるんだぁ・・・と、自分の体がいとしくなる。

だから、走る。最後のゴール前だけ坂道になっていたけれど、その坂だって足はのぼっていく。「はあはあ」という呼吸は大きすぎて、声になっている。

あと、ちょっとだから、がんばろうと思うと、足はそれについてくる。

ゴール前、わたしをよぶ声がする。走る仲間のよしさんが応援してくれている。STEPを出す前のわたしは、そんなに仲間はいなかったけど、今は、本当にいろんな人に支えられているんだなぁと思ったら、ゴールゲートをくぐってた。

そして、ゴールゲートのまん前で、STEPのカメラマンの四谷さんと話し込んでたら、ランナーズの松田さんに声をかけられる。

「今、僕、ゴールしたんですけど、今回、制限時間ぎりぎりで走るとどんな景色が見えるのか?って企画で走ってみたら、けっこう、ドキドキしちゃいました」というではないか。

えっ?と思って、ゴールのところにあった時計をみると、制限時間の4時間まで、あとちょっと。そうだ、トーヤちゃん。

トーヤちゃん、どうしたかなぁ・・・と思ってたら、ギリギリに帰ってきました。3分前にすべりこみセーフ。でも、彼女も時計してないので、そんな自覚はない。

「制限時間ギリギリラン企画なんて、わたしたちの得意分野ですから、今度仕事あったらふってください!」・・・と思わずいっちゃいました。

*****************

それから、四谷さんと、わたしと、トーヤちゃんで、大磯プリンスにご飯を食べにいったら、ホテルで、湘南国際マラソンのステージの司会をしていた、KBS京都ラジオのパーソナリティ若林順子さん、ワカちゃんにあう。

実は、ワカちゃんとは2日前にあって、食事をしたばかり。立ち話をしていたら、今回のレース、選手として参加して、1位だった高尾 憲司 さんを紹介してくださった。名刺交換もしていただく。

こんなに遅くゴールしといて、1位の選手とお話できるなんて、すごいラッキーだ。

「もっと、ちゃんと走りなさい」という神様からのメッセージなのかもって思った。

|

« ホワイトデー | トップページ | 湘南の写真 »

レース or イベント」カテゴリの記事

コメント

30kmお疲れ様でした。今日は暑かったので大変だったでしょうね!荒川も暑かったようです。マラソンは気持ちが大きいですよね!ほんの少し気持ちの持ち方で、歩いたり頑張れたりの境目があるような気がします。今日はゆっくり休んでください!

投稿: kame3 | 2008年3月16日 (日) 23時19分

今日はお疲れ様でした。
湘南では走っている途中に見かけたんですよ。けど、一瞬の出来事で、僕もちょうどきっついところだったので、声が出ませんでした。
暑かった~という皆さんの声とは裏腹に、僕は夏用のランシャツランパンで走っていたので、妙に海風が寒く感じました。
ゴールは1時間47分台です~
ゴールしてからはあちこちに(業者の方も含む)知り合いがいて、挨拶周りしていました。
しかし、高尾憲司選手に会えたんですね~それが僕としては一番うらやましいです!!自分より速い人間からは少なからず得るものがありますからね。
次は長野でしたっけ?
僕も行きますよ~牧野代表も。

投稿: JMC田中 | 2008年3月17日 (月) 00時29分

何はともあれ完走おめでとうございます!
先週のハーフで私は死にそうでしたから、30Kってすごい!1ヵ月後は長野ですね。。本当、恐怖です。

投稿: moon | 2008年3月17日 (月) 01時01分

こんばんは、読んでいて臨場感があって、勝手に応援してました。

マラソン経験はないですけど、サッカーなんですけど
負けていると足が動かなくなるときって多いんですよね、本当は負けているときほどボールを追いかけなきゃいけないのに、どこかでダメだなぁって諦めちゃうととたんに動けなくなる。
それがチームメイトに伝染して悪いほう悪いほうへと
個人とチームプレーと違うかも知れないけど最後は個々の心の持ちようなんですよね。
今年はそれを頭に置いてプレーしよう。

投稿: セキリュウ | 2008年3月17日 (月) 01時13分

白滝さん、おつかれさまでした。
走ってると故障はつきものですけど、思うように走れないことほどつらいことはないですよね。ここ最近の白滝さんのブログには、そのことは表立ってはあまり書いてはいらっしゃいませんでしたが、苦闘されてるごようす、感じていましたよ。
無事完走、何よりでした。Respect Yourselfです。

投稿: しんいちろう | 2008年3月17日 (月) 05時57分

完走、おめでとうございますー。
臨場感あふれるレポートで、読んでいて感動
しちゃいました。

ゆっくり休んで、また一緒に走りましょうね♪

投稿: えみ | 2008年3月17日 (月) 08時42分

kame3、マラソンは気持ちが大きいってことつくづく思いました。「走れる」って思わないと長距離はゴールできませんよね

田中コーチから書き込みしてくださるなんて恐縮です。ハーフのタイムのようなゴール時間にびっくり。
高尾さんステキな方でした。

moonさん、長野は正直憂鬱です。30キロも地獄だったもの。走れるというイメージトレーニングしないと!
ホテル決めないといけませんね。

セキリュウさん、こんにちは。持久力系のスポーツは、みな「気持ち」が肝心なんですね。

しんいちろうさん、とにかくほっとしました。足も大切にしながら、でもときに厳しく、体とつきあうのは難しいです。ストレッチして寝たら筋肉痛もないです。ただ疲労感がすごい。

えみさん、寝ても寝ても、眠いです。6日は、隅田川をたっぷり20キロくらい走りたいなぁ。


投稿: 白滝 | 2008年3月17日 (月) 09時45分

完走おめでとうございます!!
走ってるときって辛さよりも、がんばろうって気持ちの方が勝つんですよね☆
本当におつかれさまでした!

それにしても、「制限時間ぎりぎりで走るとどんな景色が見えるのか?って企画」って(笑)
その発想もすごいけど、そんな余裕があるのが羨ましいっ!

投稿: まり | 2008年3月17日 (月) 11時14分

桂子さんの初フルの記事を過去に読んだ私としては、初フルの自分が並走してくれるなんて、ジ〜ンときました。感動しながら読みました。完走おめでとうございます。

投稿: まこと | 2008年3月17日 (月) 11時23分

感動しました。なんだか、自分も一緒に走ったのに、
そんなこと忘れちゃって、白滝さん、すごい、すごい、
よく完走しました!って感じです。
膝が痛いです。あのまま渋谷までバクスイして、
そこからタクシーで帰りました。
昨日はホントにありがとうざいました。
またちょっとしたら、走りましょfoot

投稿: toya | 2008年3月17日 (月) 11時28分

完走おめでとうございます!
素敵な完走記をありがとうございました。
マラソンも、仕事も、人間関係も、
何事も“初心忘るべからず”なんですね!
読みながら、襟元を正しました。

次は長野ですね!
こちらは、フル30走目(たぶん。笑)を記念して、
4月6日にパリ・マラソン初出走です。
7年前のNAHAの初フルのときの気持ちを思い出して
頑張ってきます。

投稿: s from zazie | 2008年3月17日 (月) 16時13分

白滝さん、お疲れ様でしたー!
お久しぶりです。MOです。
私も昨日、30キロ走りましたsunしかも、毎度の制限時間ギリギリで!昨年の青梅の時もタイムが近かったし、今年もギリギリチームってことで、私達かなり近くで走ってますね♪
近いうちに皇居マラソンご一緒したいです。

投稿: MO | 2008年3月17日 (月) 17時48分

遅くなりましたが、お疲れさまー
みんな今日も元気だったので、ホント尊敬しちゃうわー。一度は走りだした(のか?)のに、どんどん置いてかれて寂しー。
この春は、ちょっと頑張ってみますです。
見習います。

投稿: kumi | 2008年3月17日 (月) 22時36分

まりちゃん。制限時間ぎりぎり企画って、面白いよね。でも早い人なのに、ゆっくり走ってたら、疲れて、スピードでなくなって、あせったみたい。おもしろいよね。

まことさん、ありがと~。昔は同じくらいの走力っていってたのに、わたし、どんどん退化していく・・・

トヤちゃん、人事みたいじゃない(笑)一緒に走れてよかったよ。おかげで25キロまできたから、残り5キロも走れたし・・・。また一緒にはしろっ。

Sさん、パリですか。ステキ。そうそう、初心が大切です。仕事も、恋も。すぐすべて倦怠期になってしまう私。気をつけなければ。今度ちかこと飲みましょ。

MOさん、おひさしぶりです。皇居を走ったり、イベントもやってるので、ぜひ今度参加してください。
http://www.stepweb.jp/に詳細のってます

投稿: 白滝 | 2008年3月17日 (月) 22時42分

kumiちゃん、ありがとう。
みな元気だよね。30キロだからだと思う。フルは、そうはいかないから・・・。
今度ゆっくり走ろう。

投稿: 白 | 2008年3月17日 (月) 23時04分

ご無沙汰してます。さまりすです。
完走おめでとうございます。去年の思い出に支えられて・・気持ちがよく分かります。ボクも去年のこの大会が初めての歩かず完走で、沿道の応援と湘南の空気に感謝したものでした。今年も出ていれば、その感謝が走らせてくれたと思います。
読みながら自分が走っているように感じました。

投稿: さまりす | 2008年3月18日 (火) 01時18分

さまりすさん。湘南はきもちよかったので、ぜひ来年♪距離は短くなりましたけど、今年もきもちのよいいい大会でした。波音をききながら走れる数少ない大会ですよね。

投稿: 白滝 | 2008年3月19日 (水) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430746/11422600

この記事へのトラックバック一覧です: 2008湘南国際マラソン、ぎりぎり走れました:

« ホワイトデー | トップページ | 湘南の写真 »