« きょうが最終回 | トップページ | 4月から »

2008年3月30日 (日)

2008湯河原温泉オレンジマラソン

ここ暫く、長野マラソンがわたしの心を占めていた。

長野の制限時間が5時間・・・ってことが重荷すぎるらしい。

だから、この大会のことをけろっと忘れてた。きょう、3月30日に行われた、湯河原オレンジマラソン。前日から泊まりでいくことになっていたのに、前日夕方まで原稿に追われていた私。正確には、オレンジマラソンのことを忘れていたのではなく、やること、約束が多すぎてきょうが何曜日で、自分が何をするのかが頭の中に入ってないのだ。

湯河原オレンジマラソンは、長野にむけての練習くらいのつもりでいた。

「温泉にいきたーい」っていう軽い気持ちもあった。でも申し込んで、暫くして、調べたら高低差がすごいあることがわかった。

なんと、わたしが出場する10キロの部は、160mあるという。

坂が多いといわれる、青梅だって、85.8m。わたしの初レースで坂に苦しめられた、桃源郷マラソンだって、130m。

しかも、スタートから4キロは上りっていうではないか。だから「坂がつらい」って思うより、「いい練習になる」って思うしかない。心肺機能をきたえるぞー。そんなつもりだった。

そして、スタートして、すぐ、その上りを体感することになる。参加者はおよそ3000人。これまでのレースと比べるととても少ない。しかも、3キロ、5キロの部とある。そして、3キロ、5キロはコースも厳しくないらしいんだけど、10キロは、いきなり上りから始まる。

ひたすら、上る・・・。

スタートしたばかりなのに、まるで10キロ以上走ったかのような、息遣い。

今回は、ダーリンと一緒に参加したのだけれど、いきなり分かれる。やはり男の子は心肺が強いのかもしれん。

仕方ない。ひとりで、走る

いや、一人じゃないか。いつものレースと同じく、わたしの周りにはいろんな人がいる。誰をペースメーカーにしようかと考えるか、遅すぎたり、速すぎたりして、みつからない。

喘ぎ声のような激しい息遣いのおじさんが、私を追い抜いていく。あんなに苦しそうなのに、速い。わたしも、がんばらねば・・・。でも、追いつけない。

10キロだから、オーバーペースとかいってる場合ではない。とにかく速く走らないといけないのだけれど、坂が目の前にせまってて、なかなか進めない。しかもカーブになると、右や左に大きく傾いていて、とても走りにくい。

2キロ地点で時計をみると、14分。キロ7分か・・・、かなり遅い。

心臓はバクバクと音をたて、喉がからっからになるくらい息をすったり、吐いたりしている。

でも、キロ7分でしかすすまない。

菜の花畑や、崖下の町並みを眺めながら、坂は4キロまでのはずだから、あと2キロとふるいたたせる。でも、ふるいたたせたところで、スピードをキープするのが精一杯。

ぜいはあ、ぜいはあ。

3キロ地点で、21分。きっちり、7分できざんでる。

そこで、頭の中で計算したのだけれど、この後、挽回したとして、キロ7分で3キロまで走っちゃったってことは、かなりの借金。下り坂も嫌いだから、このままいくと、1時間オーバーか?

その瞬間、やる気がなくなりそうになった・・・。練習より遅いタイムで、なんでレースにでてるんだ!?

「これも、練習、練習!坂があるから仕方ない」と、悪魔がささやくが、実は、前日、湯河原に向かう電車の中で、先日ブログにも書いた吉田誠一さん著「ヨムマラソン」を読み終えたばかり。

甘ったれた練習しかしてないで、レースでいきなり結果を残すのは無理。って書いてあったじゃないか。

ここで、ペースをあげなかったら、たとえ練習といえども、甘ったれた練習におわる。・・ってことは、長野は撃沈ですよ。それもいいか?

4キロでも、28分。きれいに、刻みすぎだろっ!(やや怒り気味)

そして、4キロ頃から下り坂がはじまったので、下りの走り方について、マラソンおたくの知識がふる回転した。「ブレーキをかけずに走れ!」というサインがでる。

「下り=足が痛い」というイメージが強く、いつも上手に走れず、下りでぬかれることが多かったわたし。上りもキライなのに、下りはさらに遅くなるってことは、去年の青梅でも体験している。

でも、10キロだから、足が痛くなるわけがない。

ブレーキをかけなで走るのがベストって本で読んだが、実際、どんなものかよくわからなかったけど、とにかく走った。

イメージとしては、「飛ぶ」かんじ。たったかたったか、もうかけっこだ!

上りにくらべて、肺はすごく楽だったので、スピードをあげて、かけおりた。

すると、ぐんぐん人を追い抜いていく。長野がどうした?足がどうした?そんなの知ったことじゃない。今、この瞬間をきちんと走れなかったら、何にもならないんじゃないか。

いけいけー。ぐんぐん、人を追い抜いていく。誰にもぬかれない。

上りでみつけた、喘ぎ声おじさんもぬいた。

あれ?下りって、こんなに面白かったっけ?わたしは、何を今まで怖がってたんだ?

いっぱい人をぬいたのに、そんな中、なかなか抜けない人を発見。すごく速い。フランクショーターのロゴがちりばめられたショッキングピンクのランスカのマダム。

その人に暫くついていくことにした。

下りなのに、息切れするくらいスピードをあげないと、ついていけない。5キロで給水しているうちに、危うく見失いそうになる。止まらないと水が飲めない自分がもどかしい。

抜いていった人たちが、わたしをどんどん追い抜いていく。

でも、「ヨムマラソン」にも書いてあった、給水で体の力はだいぶ回復すると・・・。

回復したことを信じて、さらに、スピードアップ。どんどん人を追い抜いていくと、さっきのフランクショーターランスカのマダムに追いついた。

「ヨムマラソン」の著者、吉田さんは、コバンザメ方式っていってたな。一人じゃ走れなくても、くらいついていくのなら、気持ちも楽。

そして、また、7キロすぎて、給水。どんだけ、飲んでるの?と思われるかもしれないけれど、私はすごく汗っかきで、真冬に皇居2周するんだって、「水」がないと無理な体なのです。また、ランスカマダムは遠くへ行ってしまった。。

そして、8キロ地点、スタート地点までかえってきた。

つまり、上ってきた4キロの坂を全部、下りきったことになる。

そこからは、平坦な道と、ゆるやだけどジョブのようにきく嫌な上り坂の2キロ、

1キロ街中を走り、折り返してくるコース。

折り返しの人達の中に、ダーリンを探すが、なかなか現れない。

フランクショーターのランスカのマダムは、遠い先に行ってしまった。

どっと疲労が押し寄せてくるのを、「なにさ!」とはじき返す力もないまま、足を進める。

「1時間はきらないと、やだ」と心が訴えてくる。そして、どうせ、1時間きれないなら・・・と、悪魔がささやく。悪魔の出番、多すぎ!(わたしの心は8割くらい悪魔に支配されているんじゃないだろーか)

でも、できる範囲で、ベストを出そう!と、珍しく天使が声を上げた。いや、天使じゃなかったかも、まただけど、昨日読んだ「ヨムマラソン」の著者、吉田さんの影響だ。

一応、断っていきますが、これ、先日、人に借りて、知った本。だから吉田さんは、私の知り合いではありません。そして、宣伝ではありません。なのに、吉田語録が頭の中に響き始める。「いい走りをすれば、体は記憶する」と。

がんばろう。ここで、がんばって、いい走りをして、体に記憶してもらって、長野をちゃんと完走するのだ!今、がんばれば、それは、長野に返ってくる。・・・と、何の根拠もないのに、思えてしまうのが、私のB型気質。よかった~、B型LOVE♪

そして、同じB型のダーリンとすれ違う。ハイタッチをする。

また最後の最後まで、給水でとまりながら、そこでも給水はパワーの元なんて、時間のロスもしながら、ポジティブシンキングで、気にせず、走ってったら、係りの人に、角を曲がったら、フィニッシュゲートだよ。って言われた。

「えっ?もう、ゴール?そんなら、さっき給水せねば、よかった・・・。走ろう」

ゴールゲートには、デジタル時計がついている。

56分台後半の時を刻んでいる。そういえば、4キロから、一回も時計、見てなかったけど、どうにか、1時間たたずに返ってくることができたようだ。

ゲートをくぐり、腕の時計をとめる。

ネットで、56分20秒。グロスで、57分14秒。

決して、いいタイムではなかったけど、今の私にしてはかなりがんばったと思う。上り坂でキロ7分で4キロまでいっちゃった時は、どうなるかと思ったけど、その後、激しく挽回したらしい。最後の2キロはたいして速くなかったので、下り坂が相当速かったのかな?

大嫌いだった「下り」が、大好きになったのも収穫。

また、前回の湘南で、「自分は、足ではなく、心が弱いだけで、本当は走れる!」と自覚できたこと、そして、吉田さんの本の力も大きかったようだ。(Tさん、かしてくれて、ありがとね)

久しぶりに、満足できるレースだった。今シーズンめちゃくちゃだった私にとって、この満足感は、1年以上ぶり。(初フルの湘南以来じゃない?)

あと、取材とか仕事が入ってなくて、カメラをもたず、集中して走れたのもよかった。

そう、だから写真が一枚もない。

走った後、宿に戻り、またお風呂に入って、駅前の蕎麦屋さんで、天ざる食べて、帰宅。

疲れたけれど、ここちよい。写真は、帰ってからとったこの1枚のみ。

Photo

今回の参加賞は、オレンジマラソンだけに、オレンジ2つ(イヨカン?)あとウエストポーチでした。ウエストポーチもってるけど、ドリンクが入るタイプの大きいやつは、もってなかったので、よかったかも。

Tシャツではなくて、よかった~。Tシャツだらけなんだも、うち。

実は、これが36歳のラストラン!

なので、気持ちよく走れて、本当によかった。そう、明日、誕生日なんですよね。37歳になる・・・。(さばよみたい気持ちをこらえました)

完走&誕生日のダブルでおめでとう、自分!・・・と、めでたい私でした。

|

« きょうが最終回 | トップページ | 4月から »

レース or イベント」カテゴリの記事

コメント

Wでおめでとう!!
読んでたら、私も走ってみようかな〜という
錯覚を起こしそうになった位(笑)、心揺さぶられたよ。
イイ歳の重ね方してるにゃんちゃんが眩しいわ。
また元気もらった。ありがとう!
ミーナ(37)は響きがいい!(笑)良いお誕生日を♪♪
そうそう、今度メアドをPCに送っといてね〜。

投稿: れん | 2008年3月31日 (月) 05時34分

完走おめでとうございます!!
そして、Happy Birthdaycakebeershine
ダーリンも一緒に、皆でお祝いしましょ―――!!!

投稿: toya | 2008年3月31日 (月) 09時07分

初めましてこんにちは!!
完走&誕生日おめでとうごさいますっ
僕もオレンジ走ってきました!
去年5kだったので今年10kに挑戦したところ・・・あまりの高低差に本当驚きました!
雨もってよかったですね^^

投稿: またたび | 2008年3月31日 (月) 09時57分

れんちゃん、ミーナってかわいい。ミーナっていおう。

toyaちゃん、ありがとう。無事完走しました。ちょっと調子があがってきたので、長野いけるかも?と強気になってきた。

またたびさん、はじめまして。オレンジマラソンの高低差には、本当にびっくりでした。でも申し込む前に知っていたら、申し込んでなかったかも。よかった~、後でしって。でもすごく楽しい大会でした。毎回でてるのですか?わたしも来年もでちゃいそうです。
雨ももって、よかったです。

投稿: 白滝 | 2008年3月31日 (月) 13時29分

それだけの阪なら少なくても2分悪くなる。おおよそ54分としてその5,3倍で走破できるとしれば4時間40分。もちろん速度低下するのでハーフを2時間20分から25分の間で通過しどこまで行けるかでしょうか。
 なお来年ランニング学会大阪になったので、是非御参加ください。3月27から29日です

投稿: 山中鹿次 | 2008年3月31日 (月) 21時03分

山中さん、ありがとうございます。フルは、10キロの5.3倍なんですか?
ランニング学会すごく行きたかったです。来年は大阪出張できるようにがんばります。
また事務局から冊子がとどきました、ありがとうございました。

投稿: 白滝 | 2008年4月 1日 (火) 00時22分

 一流選手は10kmのタイム×4,5倍や4,6倍です。これが市民ランナーだと5倍くらいが多いですが、3月練習量少なかったので5,3倍くらいが適度かなと思います。月200kmくらいこなすと5倍可能かなとは思います

投稿: 山中鹿次 | 2008年4月 1日 (火) 05時23分

山中さま、きのう15キロ走って、なんとか月150キロ。今月はじめは足の故障で、5日まで走らず、6日からも様子をみながら、5キロずつゆっくり始めたので、150が精一杯でした。4月の1周目までなるべく走って、あとは、少しずつ走る量を減らしても、大丈夫ですかね?

投稿: 白滝 | 2008年4月 1日 (火) 08時41分

はぃ!5年連続出場です(笑
走った後温泉に入れるってのがやっぱりいぃですね!
僕も10kのタイム×5くらいがフルのタイムでした!
走る大会ごとばらつきが大きいですけど・・・

投稿: またたび | 2008年4月 1日 (火) 09時26分

4月20日なので、10日までは20km走る日あってもいいですが、今度の日曜以降走り込むというより、サボらず怠けず、ラスト1週間は疲れ取ること意識ですね。
 先日の高橋尚子選手、2週間前の40km走は全盛時を彷彿させると小出監督が語っていましたが、それだけ走れたことは疲労を招いたと思います。
 なお今日深夜から何回かに分けてランニング学会の報告記事作ります

投稿: 山中鹿次 | 2008年4月 1日 (火) 19時34分

白滝さん

10k54〜55分ということは、私と同じくらいの実力かと思います。私が2月にひとりフルの距離を走った時は4時間半で走れました。白滝さんもそのくらいはじゅうぶんに行けるはずです。とにかく、前半飛ばさないで、ゆっくり、ゆっくり、最後まで歩かないで走る、これを目標にすれば、山中さんもおっしゃるようにぜったい5時間は切れますよ!
頑張ってください。

投稿: しんいちろう | 2008年4月 2日 (水) 06時38分

おそまきながら、完走&おたんじょうび、おめでとうございました。気の合うパートナーと参加できると大会もより楽しいと思います。

下り坂、マスターされたんですね(^^)。

桃源郷マラソンが初レースだったんですか。今度でます。坂が多いのなら覚悟しないと(^^;。

投稿: サンタパパ | 2008年4月 2日 (水) 08時06分

【またたびさん】5年連続かぁ。温泉も気持ちいいし、お魚もおいしいですもんね。今度は、他にどんな大会にでるのですか?楽しい大会あったら、教えてください。わたしは、この後、長野、山中湖、富里スイカにでます。

【山中さん】アドバイス、ありがとうございます。なるべく今週中に一度、長距離をやって、あとは、疲れない程度に、さぼらず、なまけず、マッサージいったりしながら、ちょこっと走って体を整えます。
ランニング学会の記事楽しみです。

【しんいちろうさん】ありがとうございます。ちょっと勇気がでました。「ぜったい走れる」なんていわれたことも、思ったこともなかったので、少し気が楽になりました。制限時間内に完走目指してがんばります。

【サンタパパさん】坂で腿が筋肉痛です。下り坂、怖くはなくなったけど、マスターしたかどうかはあやしい。桃源郷は富士山が見れてよかったです。桃が満開だといいですね。坂は、のぼったり、くだったり、アップダウンがあるイメージがあります。

投稿: 白滝 | 2008年4月 2日 (水) 08時17分

富里スイカいぃですね!僕も来年行ってみようかなww

巨峰の丘マラソンとか富士登山競争なんか面白いです!それとちょっと遠いんですが・・・青森で今度、走れメロスマラソンがあってエントリーしようか迷ってます・・・

今週は桜マラソンがあるので、部活で行ってきますw

僕は湘南ビーチが一番好きでしたが・・・復活を祈ってますw

投稿: またたび | 2008年4月 2日 (水) 10時12分

【またたびさん】湘南ビーチなくなっちゃったんですね?わたし、人生2度目のレースが、それで、なきそうになりました。坂が多い大会や辛い大会が好きみたいですね。メロスも今年からですもんね。全国の大会にでたいです。お金があれば、いっぱい遠出もしたい。

投稿: 白滝 | 2008年4月 2日 (水) 23時52分

はじめまして。

先週のSTEP練習会でお世話になりました。

練習中に昨年湯河原マラソンを走られた
おっしゃっていたので記事を拝見させて頂きました。

すごく参考になり良かったです。
5キロにエントリーしているので楽しみです。

また、練習会で宜しくお願いします。

投稿: sora | 2009年2月27日 (金) 12時52分

【soraさん】ずいぶん古い記事をひっぱりだしましたね・・・。
参考になるかどうか??わたしが走ったのは、10キロなんで、5キロはまたコースが違いますが、がんばってください。

投稿: 白滝 | 2009年2月27日 (金) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430746/11986315

この記事へのトラックバック一覧です: 2008湯河原温泉オレンジマラソン:

« きょうが最終回 | トップページ | 4月から »